プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

田中圭・池田エライザら映画『ハウ』キャスト陣、俳優犬の名演技を絶賛

田中圭主演、映画『ハウ』(8月19日公開)場面写真(C)2022「ハウ」製作委員会の画像

田中圭主演、映画『ハウ』(8月19日公開)場面写真(C)2022「ハウ」製作委員会

 俳優の田中圭主演で人と犬の絆を描く映画『ハウ』(8月19日公開)より、主人公・民夫(田中)とハウをはじめ、彼らをめぐる人々の新たな場面写真が到着。さらに、元気いっぱいでやんちゃながら素直に指示に従い、名演技を披露するハウ役の俳優犬・ベックを称えるキャスト陣のコメントも紹介する。

【画像】今回解禁されたそのほかの場面写真

 同映画は、映画『ゼロの焦点』、『のぼうの城』などの犬童一心監督と、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『余命1ヶ月の花嫁』、『キセキーあの日のソビトー』などの脚本を手がけた斉藤ひろしの初タッグで生まれた感動作。婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎え途方に暮れるちょっぴり気弱な青年・民夫と、運命の出会いを果たしたワンと鳴けない犬ハウ(俳優犬・ベック)の絆を描く。

 婚約者に別れを告げられ人生のどん底にいた市役所職員・赤西民夫(田中)。一人空虚な日々を送る彼のもとにやってきたのが、真っ白で大きな保護犬のハウだ。解禁された場面写真からは、民夫が愛おしそうにハウに顔を寄せる姿や、自宅でのくつろぎタイムや散歩の様子など、何をするにもいつも一緒な“ふたり”の幸せな日常がうかがえる。

 しかし、幸せな時間がずっと続くかと思われたある日、突然ハウが民夫の前から姿を消してしまう。ハウと離れ離れになり意気消沈する民夫に寄り添うのは、民夫の同僚・足立桃子(池田エライザ)。愛するペットを通じて民夫と交流を深め、傷ついた彼をそっとフォローしながら、ゆっくりと心の距離を縮めていく。芝居場では初共演となる田中と池田の掛け合いにも期待が高まる。並んで昼食を取っているツーショットも印象的だ。

 ハウと民夫を引き合わせたのは、民夫の上司・鍋島史郎(野間口徹)と妻の麗子(渡辺真起子)。ハウがいなくなってしまった後も一緒に行方を追ったり、民夫を気にかけ優しく見守る存在として登場する。

 民夫のもとから離れてしまったハウが道中で出会うのは、さまざまな悩みや孤独、悲しみ抱えた人々。震災の風評被害に心を痛める女子中学生の朝倉麻衣(長澤樹)は、ハウとの交流によって閉ざした心を次第に解きほぐしていく。ハウの存在に背中を押され自ら問題と向き合うようになっていく、成長を感じさせるエピソードは必見だ。

 DV被害に傷つき修道院で保護されている森下めぐみ(モトーラ世理奈)は、ふらりと現れたハウをなぜか避けてしまう。めぐみを支えるシスター(市川実和子)たちがハウを温かく迎え入れるも、滞在中に“ある事件”が起きてしまい――!? 民夫も知らなかったハウにまつわる衝撃の出来事が明かされることに。

 偶然立ち寄った古き良きシャッター商店街でハウが遭遇するのは、愛する夫・関根次郎(石橋蓮司)を亡くし一人で傘屋を営む志津(宮本信子)。彼女の寂しさを埋めるかのように寄り添うハウに、思わず愛おしさを覚えてしまうこと必至のシーンが展開される。

 ハウは大好きな民夫ともう一度再会することができるのか?が、この物語の見どころ。神様からのギフトのようなハウとの出会いは、民夫や、傷ついた人々の人生に何をもたらすのか?

■ハウ(演:ベック)へのコメント

▼田中圭(赤西民夫 役)
 撮影しながら心が通じ合う瞬間は何度もあったし、まだ元気な仔犬なので2人で遊んでいる時に慕ってくれているというか、頼りにしてくれているのを感じられて嬉しかったです。基本、無邪気なんです(笑)。僕ら人間が考えるような邪心は一切ない。しかも色も真っ白だし!ハウのピュアさには、ずっと癒されていました。

▼池田エライザ(足立桃子 役)
 一度しか会えなかったけど、初対面とは思えないほどわ~っ!と来てくれて満たされました(笑)。Wanちゅ~るをあげたんですけど、丸のみされるかと思うくらい顔ごときてくれて。それも含めてめちゃくちゃかわいかったです。もっともっと会いたかったなあ。

▼野間口徹(鍋島史郎 役)
 ハウの人間を観るまっすぐな目が本当に魅力的でした。怯えていないし、信頼しているし、人間を仲間とも親とも思っているようなまっすぐな目。ハウはまだ若いしヤンチャだし撮影は大丈夫かな?と思っていたんだけど、本番になると見事なお芝居をしてくれるので、犬ってやっぱり心が通じるんだなと改めて思いました。

▼渡辺真起子(鍋島麗子 役)
 幼い頃にでっかい犬を飼っていたので最初にハウの写真を見せてもらった時から、一刻も早く会いたかった! 会ったら写真通りの優しい愛おしい顔の子だったので、喜びしかなかったです。

▼長澤樹(朝倉麻衣 役)
 最初は距離があったけど、準備期間で仲良くなれました。ハウは本当に賢くて無邪気。存在自体が魅力的なので、私もハウみたいになりたいって思います。

▼モトーラ世理奈(森下めぐみ 役)
 私も見習いたいくらいずっといい子でしたね。撮影中も自分のペースで落ち着きを保っていたので、本当にえらいなって感心してしまいました。

▼宮本信子(関根志津 役)
 実を言うと小さい頃犬にはあまりいい思い出がなくて、苦手だったんです。でもハウと初めて顔を合わせた時、すぐにしっぽを振ってくれてうれしかった。大きいしかわいいし、いい芝居をするし、本当にいい犬! 皆さんもっと大好きになると思います。ハウの足は素敵よ。私はキレイにしてあげたから分かるの(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ