プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

スピンオフ映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』Netflixで12月配信

『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』キャラクターネーム(2022年12月全世界独占配信)の画像

『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』キャラクターネーム(2022年12月全世界独占配信)

 Netflixのオンラインイベント「Geeked Week(ギークドウィーク)」の【Day3:アニメ】にて、「七つの大罪」シリーズのスピンオフ映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』の配信月が12月と発表され、「週刊少年マガジン」(集英社)本誌でのみで掲載されていた、原作者・鈴木央による貴重なキャラクターのネーム資料が公開された。

【画像】『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ』場面カット

 本作は、前編・後編に分けて、「七つの大罪」本編の主人公・メリオダスとエリザベスの息子であるトリスタンを軸に、新たな物語が展開される。

 ネーム資料には、トリスタンの姿をはじめとして、謎の妖精族・タイロンやクルミルたちの姿や巨人族の娘・ミニカに加え、聖騎士の集団〈蒼天の六連星〉のひとりとして、かつてリオネス王国に仕えたデスピアスの年齢を重ねた姿も。

 両親から大きな力を受け継いだものの、その制御に悩むトリスタンは、新たな仲間と出会い、愛する家族を守るためエジンバラ城へ向かうことに。まだ誰も見たことないの“七つの大罪の物語”に期待が高まる。

■スタッフ
原作:鈴木央「七つの大罪」(講談社「週刊少年マガジン」)
総監督:阿部記之
監督:ボブ白旗
脚本:池田臨太郎
制作:Alfred Imageworks × Marvy Jack

■キャスト
トリスタン(青年期):村瀬歩
トリスタン(少年期):小松未可子
メリオダス:梶裕貴

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ