プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松岡広大×中尾暢樹、“うずまきナルト”を演じた2人で青春BL漫画「壁こじ」ドラマ化

(左から)松岡広大、中尾暢樹のダブル主演で「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」実写ドラマ化の画像

(左から)松岡広大、中尾暢樹のダブル主演で「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」実写ドラマ化

 俳優の松岡広大、中尾暢樹のダブル主演で、「COMIC リュウ WEB」にて連載中のBL漫画「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」(リュウコミックス/徳間書店)が実写ドラマ化。ABCテレビ(関西)で10月より放送されることが明らかになった。松岡は地上波連ドラ初主演。また、松岡・中尾ともに、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』シリーズで、うずまきナルト役を演じたことがある縁がある。

【画像】原作書影やキャラクター画、漫画の一部も

 漫画を専攻する学生の猫屋敷守(ねこやしき・まもる)は、周囲には秘密にしながら「骨肉(ほねにく)」というペンネームでオリジナルBL漫画を描く同人作家。同人即売会で漫画を認めてもらうこと、そして “壁サー”(=即売会 場内で壁際に配置 される人気サークルの証)であることだけが、承認欲求を満たしてくれる心の支えだった。

 そんな彼の身に、その後の人生を揺るがす事件が起こる。それは、幼なじみでありアイドルグループ『SHINY SMILE』のISSAYとして人気急上昇中の風間一星(かざま・いっせい)とのまさかの再会。とあることをきっかけに、高校の卒業式で「お前とは一生会わない」と言い放った猫屋敷は、再会を心から喜ぶ一星に戸惑うばかり。性格と境遇のあまりの違いに嫉妬と葛藤をこじらせまくる猫屋敷だが、そんなことを気にもとめない一星。しかし、この再会が、予想もできない展開を巻き起こしていく。

 表舞台じゃなくても“自分が一番輝ける場所” で上を目指す、同人作家の猫屋敷。“自分の強みを最大限に活かせる場所”でトップを目指す、アイドルの一星。2人の、夢に向かってまっすぐ生きる姿と、友情以上恋未満(?)を描く爽やかで鮮やかな青春ボーイズラブ・ストーリー。

 猫屋敷を演じるのは、2015年に舞台作品ライブ・スペクタクル『NARUTO -ナルト-』にうずまきナルト役で初主演を果たして以降、数々のドラマ、映画、舞台作品など幅広く活躍してきた松岡。漫画で認められたいという承認欲求が強すぎて、いろいろとこじらせているちょっぴりツンデレキャラで新境地を開く。

 一方の中尾は、『動物戦隊ジュウオウジャー』の主演・風切大和/ジュウオウイーグル役で脚光を集め、以降ドラマや映画、近年では、ミュージカル『刀剣乱舞』やライブ・スペクタクル『NARUTO -ナルト-』〜うずまきナルト物語〜などの2.5次元作品にも出演。本作では、ピュアでまっすぐポジティブなキラキラアイドルを演じる。

 いつも笑顔で天真爛漫、周囲をすべて肯定する超ポジティブな性格で、幼なじみ・猫屋敷のことを慕い続け、久々の再会に屈託のない笑顔で喜ぶ一星だが、その笑顔には秘められた理由があるらしい。

 そんな主人公2人が“夢”や“好き”と真剣に向き合い、成長していく姿を通して、“なにか”を好きでいられること、そして、夢に向かって、たとえこじらせようとも一生懸命に生きることは素晴らしいこと――そんなメッセージを内包しながらドラマは展開される。

■松岡広大のコメント

猫屋敷守を務めさせて頂きます、松岡広大です。
原作を拝見し、表現を生業にする人々の苦悩が詰まった作品だと思いました。
どの形で社会と繋がるのかを描き、複雑な心境も存分に発露していて歯切れが良くとても気持ちいい。
自分の価値を見出したい猫屋敷守に敬意を持って臨みたいと思います。
中尾暢樹さんとの共演も楽しみです。

■中尾暢樹のコメント

太陽のように明るい存在の一星を演じます。
原作を読み進めていくと、その明るさの裏にはつらい過去もあって。
そんな優しくて、強い意志をもつ一星をうまく演じられたらと思います。
漫画家の話とアイドルの話が入り混じったストーリーとなっている本作で、お互いの関係性にも注目してみてくださったらうれしいです。
アイドルのシーンもあるのかなと楽しみです(笑)

■放送情報
ABCテレビ(関西):10月スタート、月曜深夜放送(予定)
毎話放送終了後より、Rakuten TV 及び TVerにて配信

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ