プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

JP、ものまね封印で刑事ドラマ初出演「意外とセリフもしゃべっています」 『捜査一課長』で内藤剛志“ご本人”と初対面

『警視庁・捜査一課長season6』第9話に出演する(左から)JP、内藤剛志(C)テレビ朝日の画像

『警視庁・捜査一課長season6』第9話に出演する(左から)JP、内藤剛志(C)テレビ朝日

 ものまねタレントのJPが、9日放送のテレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』(毎週木曜 後8:00)の第9話にゲスト出演。同作で、刑事ドラマ初出演を果たす。

【写真】JPと同じ回にゲスト出演する貴島明日香

 第9話で起きるのは、かわいらしい“猫耳カチューシャ”を所持した男性の遺体が見つかった事件。大岩(内藤剛志)たちは被害者のパワハラに苦しめられてきた部下・朝倉亜沙美(芋生悠)を怪しむが、彼女は「猫のように自由気ままに生きたい」という願望を抱いていたことがわかる。捜査は亜沙美が度々訪れていた“猫カフェ”にもおよび、まさに猫だらけのミステリーが展開し、大岩一課長の愛猫・あずきも「ホシをあげる!」べく、捜査に乗り出す事となる。

 JPは、クリーニング店の店主・洗井竜太郎(あらい・りゅうたろう)役で登場。洗井は事件当夜、容疑者の亜沙美を見かけたと証言。それをきっかけに彼女への疑惑が加速する。

 松本人志をはじめとする、ものまね芸で活躍しているJPだが、本作からの出演依頼には「ガッツリ役者さんとしてのオファーでしたので、ものまねしかできない僕は内心めちゃくちゃ緊張しました」と、戸惑いを打ち明けた。

 JPは、内藤のものまねも得意としており、バラエティー番組などで度々披露してきたが、“ご本人”とがっつり対面するのは今回が初。「ド、ド、緊張しましたが、内藤さんがやさしくお声がけしてくださり、一気に心が和みました。ずーーーーっと“俺のものまね特徴ないやろ? 特徴ないやろ?”と、とても特徴のある声でお話、お伺いさせていただきました(笑)」と笑いを交えて感動を語っていた。

 さらに「あと、意外とセリフもしゃべっていますので、今回はただ、ただ、素のJPをお楽しみ下さい! 誰のものまねでもないJPの体当たり演技をぜひぜひでございます!」と“役者・JP”を強調。人物への観察眼も鋭いJPが“体当たり演技”を披露する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ