プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

貴島明日香、『捜査一課長』で刑事ドラマ初出演「ユニークな現場でした」 シリアス演技も披露

『警視庁・捜査一課長season6』第9話に出演する(左から)貴島明日香、内藤剛志(C)テレビ朝日の画像

『警視庁・捜査一課長season6』第9話に出演する(左から)貴島明日香、内藤剛志(C)テレビ朝日

 モデルで俳優の貴島明日香が、9日放送のテレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』(毎週木曜 後8:00)の第9話にゲスト出演。同作で、刑事ドラマ初出演を果たす。

【写真】貴島明日香と同じ9話にゲスト出演し、内藤剛志と松本人志ポーズをするJP

 第9話で起きるのは、かわいらしい“猫耳カチューシャ”を所持した男性の遺体が見つかった事件。大岩(内藤剛志)たちは被害者のパワハラに苦しめられてきた部下・朝倉亜沙美(芋生悠)を怪しむが、彼女は「猫のように自由気ままに生きたい」という願望を抱いていたことがわかる。捜査は亜沙美が度々訪れていた“猫カフェ”にもおよび、まさに猫だらけのミステリーが展開し、大岩一課長の愛猫・あずきも「ホシをあげる!」べく、捜査に乗り出す事となる。

 自身も猫好きで知られる貴島が演じたのは、遺体の第一発見者・只野空見(ただの・そらみ)。現場で猫のような不気味な鳴き声を聞いたと証言し、大岩たちに重要な手がかりをもたらす役どころとなる。

 貴島は「まさかあの『警視庁・捜査一課長』に出演する日が来るなんて想像もしていなかったので、お話を聞いたときはビックリしたと共にとってもうれしかったです」と、番組からのオファーに驚き。第一発見者役だけに、内藤演じる大岩一課長以下、臨場してきたレギュラーメンバーに囲まれながら演技しなければならず、「昔から拝見していた俳優の方々とご一緒するということで、当日は少し緊張していた」とのことだが、「みなさん本当に明るくて…。撮影当日はあいにくのお天気で、“誰が雨女だ!”“雨男だ!”と飛び交うユニークな現場でした」と、和やかなムードの中、リラックスして撮影に臨んだことを明かした。

 遺体を見つけて悲鳴を上げる場面では、シリアスな演技を披露。また、事情を聴かれるシーンでは、内藤をはじめ、小山田大介管理官役の金田明夫、現場資料班刑事・平井真琴役の斉藤由貴と少々コミカルなやりとりにも挑戦し、等身大の女性を自然体で演じ切った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ