プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Ado、映画『ONE PIECE』主題歌・劇中歌担当で全7曲歌う 中田ヤスタカ・Mrs.GREEN APPLEら楽曲提供

Ado、映画『ONE PIECE FILM RED』主題歌・劇中歌担当(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会の画像

Ado、映画『ONE PIECE FILM RED』主題歌・劇中歌担当(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)の新情報が8日、発表された。シャンクスの娘・ウタ役はWキャストとなり、ボイスキャストを名塚佳織、歌唱キャスト(歌唱パート)をAdoが担当。Adoは歌姫・ウタとして主題歌も務める。

【動画】Adoがシャンクスの娘として熱唱!爽やかな映画『ONE PIECE』新映像

 これは公式YouTubeチャンネルで配信された特番にて発表されたもの。映画で初登場する新キャラのウタは世界中が熱狂する歌姫で、映像では、「私は新時代を作る女! 歌でみんなを幸せにするの!」とウタのキャラクターボイスとともに、Adoの歌声で歌うウタの歌唱シーンが解禁。楽曲提供アーティストとともに主題歌は「新時代」(中田ヤスタカ)と発表された。

 劇中歌情報も公開となり、「私は最強」(Mrs.GREEN APPLE)、「逆光」(Vaundy)、「ウタカタララバイ」(FAKE TYPE.)、「Tot Musica」(澤野弘之)、「世界のつづき」(折坂悠太)、「風のゆくえ」(秦基博)と、Adoは主題歌とあわせて全7曲歌う。

 シリーズ15作目、尾田氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ