プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Prime Video、ボクシング井上尚弥選手の歴史的勝利「視聴数が過去最高」と発表

日本が沸いた激闘を独占ライブ配信したPrime Videoは「日本における史上1位の視聴数を記録」と発表の画像

日本が沸いた激闘を独占ライブ配信したPrime Videoは「日本における史上1位の視聴数を記録」と発表

 きのう7日にさいたまスーパーアリーナで行われた井上尚弥選手(大橋)とノニト・ドネア選手(フィリピン)のWBA・IBF・WBC世界バンタム級王座統一戦の試合を独占ライブ配信したPrime Videoは8日、同試合の視聴数が日本でサービスを開始した2015年9月以降、日本において配信された作品の中で、配信初日として過去最高を更新した、と発表した。

【画像】バキバキに仕上がったボディを披露した井上尚弥

 今大会は地上波による放送はなく、『Prime Video Presents Live Boxing』第2弾としてPrime Videoで生配信。この一戦は、日本だけではなく、世界の注目も集めたリマッチ。結果は、井上選手がドネア選手を2R TKOで下し、日本人初のボクシング世界3団体の統一王者となった。

 なお、これまでの1位は、4月9日に『Prime Video Presents Live Boxing』第1弾として配信された村田諒太選手(帝拳)とゲンナジー・ゴロフキン選手(カザフスタン)の世界ミドル級王座統一戦だった。

 具体的な数字は発表していないが、プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーの児玉隆志氏は「本当にすごい試合でした。試合開始から全く息をつく暇がない、まさに瞬き一つ出来ない時間でした。1Rと2Rを合わせてたった4分24秒の攻防でしたが、その短い時間の間に井上選手とドネア選手が鍛えてきた力と磨いてきた技術がぎっしりと詰まった戦いだったと思います。至高のスピード対スピード、お二人の戦いをPrime Videoを通じてたくさんの皆さんにお届けできたことをうれしく、光栄に思います。そして両選手に心からの賞賛を贈りたい気持ちです」と、コメント。

 現在、格闘技界では地上波離れが進んでおり、動画配信が主流となりそうだが、児玉氏は「今後の試合、スポーツコンテンツ編成へのプレッシャーを既に感じておりますが、プライム会員の皆様に喜んでいただけるような内容を引き続き配信していけるように努力して参ります」と、ファンにアピールしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ