プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Ado、映画『ONE PIECE』シャンクスの娘として歌唱担当 CVの名塚佳織とWキャスト 主題歌も担当で映像解禁

映画『ONE PIECE FILM RED』ウタ役を務める名塚佳織と歌唱担当のAdo(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会の画像

映画『ONE PIECE FILM RED』ウタ役を務める名塚佳織と歌唱担当のAdo(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 人気アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)の新情報が8日、発表された。シャンクスの娘・ウタ役はWキャストとなり、ボイスキャストを名塚佳織、歌唱キャスト(歌唱パート)をAdoが担当。Adoは歌姫・ウタとして劇中で歌唱し、解禁された映像では主題歌「新時代」が公開された。

【動画】シャンクスの娘としてAdoが歌う!新曲が披露された最新映像

 これは公式YouTubeチャンネルで配信された特番にて発表されたもの。映画で初登場する新キャラのウタは、物語の鍵を握る少女で、今年4月に赤髪のシャンクスの娘であることが発表されるとファンを驚かせた。

 映像では、「私は新時代を作る女! 歌でみんなを幸せにするの!」とウタのキャラクターボイスとともに、Adoの歌声で歌うウタの歌唱シーンも解禁された。

 特番には名塚が出演しており、ウタ役を務めることに「今でもウソのような、まだ信じられない感じがします。うれしいですし、今は収録を終えたのでホッとした気持ちと、ここからまた、公開が近づくにつれて緊張するんだろうなと思っています」と打ち明けた。

 一方、音声メッセージを寄せたAdoは「まさかあの『ONE PIECE』とは思わず、初めは聞き間違いかと思うくらい、しばらくは信じられませんでした。お話をいただき本当に心からうれしく思っております。ウタを歌声で演じることができて、物凄く楽しかったです。ウタは、皆さんの色んな気持ち、色んな感情に寄り添ってくれると思います。楽しみにしてくださっているみなさんが感じている期待やドキドキ、ワクワクした気持ちは、必ずウタが魅せてくれるので、たくさんの方々に楽しんでいただきたいです」と伝えた。

 シリーズ15作目、尾田氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILM』シリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメ『コードギアス』シリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ