プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

宮本信子、成長した芦田愛菜に感服「愛菜ちゃんとは言えなくて愛菜さん」 10年ぶりの共演で

成長した芦田愛菜(左)に感服した宮本信子(右)(C)ORICON NewS inc.の画像

成長した芦田愛菜(左)に感服した宮本信子(右)(C)ORICON NewS inc.

 俳優の芦田愛菜(17)、宮本信子(77)が8日、都内で行われた映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)の大ヒット祈願舞台あいさつに登壇した。

【写真】「ステキなお嬢さんになって…」宮本信子から絶賛される芦田愛菜

 引っ込み思案な女子高生・うららと、夫に先立たれ孤独に暮らす老婦人・雪(宮本)が、BL漫画をきっかけに出会い、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わして育んでいく年の差58歳の友情と、新たな挑戦が描かれる。

 芦田と宮本は『阪急電車~片道15分の奇跡~』(2011年)以来10年ぶり、2度目の共演となった。宮本は「愛菜ちゃんも10年ぶりですから。楽しかったわね」と撮影を思い返し、2人は笑い合う。10年という月日について、宮本は「『阪急電車』では、私の腕の中にすっぽり入った。10年経ったら、スゴいステキなお嬢さんになって…。もう愛菜ちゃんとは言えなくて、愛菜さんと言わなくちゃと思っておりました」とにっこり。芦田は「そんな! 全然です(笑)。ありがとうございます!」と恐縮しながらも感謝していた。

 舞台あいさつには、そのほか高橋恭平(なにわ男子)、生田智子、光石研、狩山俊輔監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ