プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

なにわ男子・高橋恭平、中学生以来の学ランで自画自賛 着こなしのポイントは「着ちゃえばカッコいい」

中学生以来の学ランで自画自賛したなにわ男子・高橋恭平(左から2番目) (C)ORICON NewS inc.の画像

中学生以来の学ランで自画自賛したなにわ男子・高橋恭平(左から2番目) (C)ORICON NewS inc.

 俳優の芦田愛菜(17)、宮本信子(77)、人気グループ・なにわ男子の高橋恭平(22)が8日、都内で行われた映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)の大ヒット祈願舞台あいさつに登壇した。

【写真】「着ちゃえばカッコいい」…“自分大好き”キャラ全開の高橋恭平

 引っ込み思案な女子高生・うらら(芦田)と、夫に先立たれ孤独に暮らす老婦人・雪(宮本)が、BL漫画をきっかけに出会い、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わして育んでいく年の差58歳の友情と、新たな挑戦が描かれる。

 高橋は、うららの幼なじみ・河村紡役を務めた。「紡の制服が学ラン姿。学ラン姿が中学生以来だった」としみじみ。「なつかしさもありつつ、自分で言うのもアレなんですけど似合っています。そういうところも見てほしい」とにっこり。学ランの着こなしのポイントについては「着ちゃえばカッコいい」と自画自賛し、笑わせていた。

 舞台あいさつには、そのほか生田智子、光石研、狩山俊輔監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ