プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】福地桃子、大河ドラマに初出演 泰時の妻・初を演じる「精いっぱい向き合いたい」

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する福地桃子の画像

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する福地桃子

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、北条泰時の妻・初を演じる福地桃子の出演が決定した。福地が大河ドラマに出演するのは今作が初となる。

【写真】 夜の草むらで…襲われそうになった比奈を助けた義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 福地が演じる初は、北条義時(小栗)の盟友である三浦義村(山本耕史)と出自不明の女性の間に生まれた娘。そうした出生の不確かさに反し、鎌倉幕府の最有力者である北条に嫁ぎ、名宰相として後世に名を残すこととなる北条泰時の妻にして北条家嫡流の母となる人物だ。

 義村らが西国遠征する際は八重(新垣結衣)のもとに預けられ、金剛とともに育てられた。北条泰時と幼馴染として育ち、泰時を支える存在となる初は物語に今後どのように関わっていくのか。

 福地は出演にあたり「この時代を生きた姿、心を想像して何を伝えていくのか大切に、楽しみながら今回参加したいと思っています」と意気込み。「初という役を演じている中で、育ての母である八重さんのおもかげをとても感じます。泰時さんを支えていく強さと優しさが共存している初を通して、皆さまに楽しんでいただけますように精いっぱい向き合いたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします」と呼び掛けた。

 この日の発表ではそのほか、北条義時の“第三の妻”のえを演じる菊地凛子、“朝廷の実力者”土御門通親を演じる関智一、時政とりくの娘婿・平賀朝雅を演じる山中崇、政子と対決する大政治家・藤原兼子を演じるシルビア・グラブの出演が決定した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ