プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】菊地凛子、大河ドラマに初出演 義時の“第三の妻”のえ役「実感が湧いておりません」

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する菊地凛子の画像

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演する菊地凛子

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、北条義時の“第三の妻”のえを演じる菊地凛子の出演が決定した。菊地が大河ドラマに出演するのは今作が初となる。

【写真】 夜の草むらで…襲われそうになった比奈を助けた義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 菊地は出演にあたり「まさか鎌倉殿に私が出させていただけるとは想像もしておりませんでした! 一視聴者として単なるファンでしたので、まだまだ実感が湧いておりません…」と心境を吐露。自身が演じる北条義時の最後の妻・のえについて「私の中での、のえさんは、女性である事をある種楽しんでいる、素直な女性だと思います。真意を隠しているよりも、これくらいが小気味良い! 気持ちが良い! そんな印象です」と語った。

 「それが今後どう化けるのか? はたまた特に化けずにこのまま我が道を行くのか? とても楽しみでしかたがありません」と声を弾ませ、「小栗さんを始めとする素敵な皆様の中に飛び込み、のえとして生きる時間が楽しみでもあり緊張でもあります…兎にも角にも一つ一つのせりふを丁寧に大切に、この最高なドラマの中で生きられる喜びを感じながら演じていきたいと思います」と気を引き締めた。

 また、衣装合わせの時を振り返り「本番中の北条家の皆さんを観た時に、鳥肌が立ちました。皆さん、カッコいい!! どうしょう… 頑張ろう!! そういう気分です。そして、義時様に、お待ちしておりますと言われました。もう夢じゃないのだと思います。飛び込むしかないのだと… 精いっぱいやらせていただきたいと思います!!」と決意を新たにした。

 この日の発表ではそのほか、“朝廷の実力者”土御門通親を演じる関智一、北条泰時の妻・初を演じる福地桃子、時政とりくの娘婿・平賀朝雅を演じる山中崇、政子と対決する大政治家・藤原兼子を演じるシルビア・グラブの出演が決定した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ