プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

笑福亭鶴瓶&市村正親の少年時代の白黒写真公開 変わらない姿に大爆笑「まんま!」

『ミニオンズ フィーバー』日本語吹き替え版完成会見に出席した(左から)尾野真千子、笑福亭鶴瓶、市村正親 (C)ORICON NewS inc.の画像

『ミニオンズ フィーバー』日本語吹き替え版完成会見に出席した(左から)尾野真千子、笑福亭鶴瓶、市村正親 (C)ORICON NewS inc.

 7月15日から全国公開される『ミニオンズ』シリーズ最新作の映画『ミニオンズ フィーバー』日本語吹き替え版完成会見が8日、都内で行われ、出演者の笑福亭鶴瓶、市村正親、尾野真千子が出席した。

【動画】鶴瓶は変更ナシ!市村正親がISSA似⁉子ども時代の写真を大公開

 『怪盗グルーの月泥棒』(2010年)からグルーの声を務めてきた鶴瓶に加え、ミニオンとグルーのはじまりの物語を彩る新キャストとして、グルーが敬愛する年老いた皮肉屋の悪党ワイルド・ナックルズ役は市村、ミニオンたちの前に立ちはだかる新たな敵ベル・ボトム役は尾野が務める。

 この日は、グルーの少年時代のストーリーということにちなみ、3人で子どものころのトークを展開することになり、スクリーンに当時の写真が投影された。

 尾野はカラー写真だったが、鶴瓶と市村は白黒写真で3人は大爆笑。市村は自分の写真に「時代出ているね~、見て! あの水筒。ええやろ~。帽子を横にかぶっているのは、自分で演出をしているんです」と照れていた。

 一人っ子ということもあり当時は「かまってもらいたいから、こっちから(コミュニケーションを取りに)いく」と話すと、鶴瓶は「今と変わっていない!」と笑っていた。

 一方、鶴瓶の写真が公開されると、3人はそろって「まんま!(今の姿とそのまんま)」と大爆笑。小学4~5年生のころの写真だそうで、「近所の人とよくしゃべっていた。やんちゃな子でした」と振り返った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ