プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ディーン・フジオカ、石ノ森章太郎原作「HOTEL」を令和にリブート WOWOWドラマ初主演

『連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-』“ホテル座の怪人”こと三枝克明を演じるディーン・フジオカ(C)石森プロ (C)WOWOWの画像

『連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-』“ホテル座の怪人”こと三枝克明を演じるディーン・フジオカ(C)石森プロ (C)WOWOW

 役者、ミュージシャンなど、マルチな活躍をみせるディーン・フジオカが、WOWOWで9月より放送・配信される『連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-』にて主演を務めることが発表された。ディーンは同局のドラマ初主演となる。原作は、石ノ森章太郎の「HOTEL」。1990年代にテレビドラマ化された名作を、ホテル競争が激化した現在に舞台を移し、「ホテル・プラトン」の凋落と危機をフルオリジナル脚本で描く社会派エンターテイメントとして制作される。

【画像】マルチぶりはこんなところにも…ディーンが手がけた絵本

 「HOTEL」といえば、「姉さん、事件です!」の名せりふが瞬時に浮かぶほど、一世を風靡したドラマの記憶がいまだ鮮明な人も多いのでは? 実は、原作漫画のエピソード数は全322話もあり、「今回、その全てを読み込み、昇華させ、現代に再起動させるプロジェクト」となっている。

 ディーンは「自分自身これまで移動の多い人生だったので、国内外問わず多くのホテルを利用してきました。従業員・宿泊客ともに多種多様な人間の交差点でもある“ホテル”という文化自体に以前から興味があったので、非常にうれしかったです」と語り、大きな喜びを持って今回のオファーを引き受けたという。

 本作は、原作「HOTEL」の四半世紀後の物語。創業以来日本の高級ホテルの象徴とも言われ、業界をリードしてきた老舗ホテル・プラトン。しかし競争激化にともない、その経営は悪化していた。客数も落ち、従業員の士気も低下。そんな凋落したプラトンの総支配人として、ある日一人の男が招へいされる。

 男の名は三枝克明(ディーン・フジオカ)。ホテル経営のプロで国内外の不振ホテルに現れては、その整理・売却に一役買うと噂された通称“ホテル座の怪人”。就任わずか数ヶ月の間に、コンシェルジュ・レストラン・ウェディング部門など、さまざまな部署やサービスの現場に神出鬼没を繰り返しては、切り口鋭い業務改善を実践していく。従業員からは反発の声があがり、混乱の渦に飲まれるプラトン。しかし、彼には隠された秘密と大きな別の目的があった…。

 経営手腕は超一流。その心は謎。総支配人として招へいされた“ホテル座の怪人”三枝について、「石ノ森先生の原作を令和版に再構築したフルオリジナル脚本で、とても読み応えがありました。特に、負のスパイラルを正のスパイラルに変えていくための改革を実践していく三枝克明という存在に深い共感を覚えました」と話す。

 撮影には、ロケ地として、東京にあるホテルニューオータニが全面協力。すでに撮了しており、「真冬の撮影でしたが、ホテルなど屋内での撮影が多かったため、クランクインからクランクアップまで外的影響をあまり気にせず芝居に集中することができたのは本当にありがたかったです」と振り返る。さらに、「今回ホテルの総支配人を演じたことで、普段ホテルを利用する際に『ここがこうだったら、さらに良くなるのに!』などと頭の中で勝手に総支配人モードになってしまう職業病? 後遺症?に悩まされてます(笑)」と語るほど、充実した撮影現場の様子がうかがえる。

 時代の岐路に立たされた老舗ホテルマンたちを待ち受ける運命は、再生か凋落か!? ラストに明かされる驚きの真実、そして三枝の正体とは。ディーンが三枝の光と影をミステリアスに演じる。

 ディーンは「“ホテル座の怪人”こと三枝克明が、ホテルの全領域に業務改革のメスを入れていくそのメス捌きにも注目ですが、最後までご覧いただくことで解き明かされる三枝の隠された目的にきっと多くの方が心を揺さぶられると思います。『ホテル』という題材を通して、今の日本の職場環境が抱える問題とその改善策を楽しみながら考えるきっかけになる本作品、ぜひ放送をご期待ください」と、見どころを語っている。

 監督を務める御法川修は、主演のディーンについて「俳優という領域を飛び越えて、多彩な表現者として進化を続けるディーンさん。ノーブルな顔立ちで優しく微笑む姿が印象的ですが、本作で彼に求めたのは、狂気と色気です。白い歯を見せて笑うことを封印。高い知性を持つ者の隙のなさは狂気すら帯び、危険な香りを醸す。同性の私ですらゾクッとする色気が映し出されています」と、大きな手応えを語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ