プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

オビ=ワン×ダース・ベイダー、『シスの復讐』以来17年ぶり“師弟対決”が実現

「スター・ウォーズ」オリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』第3話より=毎週水曜午後4時よりディズニープラスにて独占信中(C)2022 Lucasfilm Ltd.の画像

「スター・ウォーズ」オリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』第3話より=毎週水曜午後4時よりディズニープラスにて独占信中(C)2022 Lucasfilm Ltd.

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で5月27日より配信開始となったオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』(全6話)より、オビ=ワンが青、ダース・ベイダーが赤のライトセーバーを交える場面写真が解禁となった(※以下、本作のネタバレを含む)。

【画像】ファンを歓喜させた炎に照らされるダース・ベイダー

 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』での劇的な出来事から10年後が舞台の本作。ダース・ベイダーがジェダイを抹殺し銀河を支配しようとしているまさに暗黒時代。オビ=ワンは、幼きルークを見守りながらジェダイであることを隠し暮らしていた。

 一方、『シスの復讐』で生き延びたアナキン・スカイウォーカーは、誰もが恐れる邪悪なダース・ベイダーと化し、壮大な銀河の中からオビ=ワンを見つけ出すため躍起となっていた。

 6月1日より配信中の第3話には、オビ=ワンに対し大きな憎しみを抱き、着実にオビ=ワンを追い詰めていくベイダーが登場。オビ=ワンもまたアナキンが生きていたことを知り衝撃を受けるが、ベイダーが罪なき住民を容赦なく殺す姿を見て、ジェダイとして立ち上がりついに2人は直接対決することに。

 『シスの復讐』(2005年)以来、17年ぶり。かつての“師弟”オビ=ワンとダース・ベイダーがライトセーバーを手に戦いを繰り広げるシーンは、世界中のファンから大きな反響を呼んだ。さらに、ベイダーがオビ=ワンに自分と同じ苦しみを味わわせるため、オビ=ワンを火の中に引きずり込むというシーンは、世界中のファンに大きな衝撃を与えることとなった。

 本作で17年ぶりに共演を果たしたオビ=ワン役のユアン・マクレガーとダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセン。前作から長い間会っていなかったという2人だが、本作では再び息の合ったアクションシーンを披露し、変わらぬ姿で再共演を果たした。

 ユアンとの共演についてヘイデンは「ユアンとまた共演できて本当に素晴らしかったよ。僕は彼のことを心から愛している。人間としても役者としても、とても尊敬し敬服しているんだ。オビ=ワンとダース・ベイダーとして、彼ともう一度共演できたことは本当にうれしかった。ユアンと僕が一緒に撮影する度に、僕らは再び一緒に演じられることがいかに特別かということを実感したんだ」と明かしている。

 また、ユアンも「ヘイデンにまた会えるだけでも素晴らしかった。また一緒に演じられるなんて、どんなに素敵なことなんだろうと思ったよ。僕がセットに立ってヘイデンのことを見た時、17年間も月日が経っているようには思えなかった。まるで当時からタイムスリップしたようだった。本当にうれしかったよ」と、コメントしている。

 再会を果たしたオビ=ワンとダース・ベイダーは果たして一体どんな運命をたどるのか? 残り3話への期待は高まるばかり。最新エピソード第4話は本日(8日)午後4時より配信。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ