プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松岡茉優、初の警察官役で“スカジャン刑事”に 『初恋の悪魔』メインキャスト発表

7月期土曜ドラマ『初恋の悪魔』に出演する松岡茉優(C)日本テレビの画像

7月期土曜ドラマ『初恋の悪魔』に出演する松岡茉優(C)日本テレビ

 俳優の松岡茉優が、7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『初恋の悪魔』(毎週土曜 後10:00)に出演することが決定した。警察署が舞台のドラマのメインキャスト・鹿浜鈴之介(林遣都)、馬淵悠日(仲野太賀)とともに、事件を解明する摘木星砂(つみき・せすな)役に起用された。このほか、柄本佑、佐久間由衣、味方良介、安田顕、田中裕子らの出演も発表された。

【別カット】ぶっきらぼうで謎多き刑事を演じる松岡茉優

 松岡演じる星砂は、警察署・生活安全課で万引きなどを担当する刑事。だが、かつては県警捜査一課に所属し、果敢に凶悪事件にも向き合ってきた。そんなこともあってか服装はいつも同じのスカジャンスタイルで、ぶっきらぼう。しかし、実はそれは本当の彼女の姿ではなく…という謎の多い役柄だ。

 このほか、偏屈で堅物の会計課の職員で、4人で事件を解決していくメインキャストの一人として、小鳥琉夏(ことり・るか)役に柄本。事件に真摯に向き合う一生懸命で真面目な新人刑事・服部渚(はっとり・なぎさ)役に佐久間。渚の先輩刑事で、刑事課の捜査方針に従順な口木知基(くちき・ともき)役に味方。

 鈴之介宅の隣人で自称小説家、しかも奇異な行動を見せる謎の男、森園真澄(もりぞの・ますみ)役に安田。小さな病院で開業医をし、なにかと4人の捜査の力となってくれる、元監察医の小洗杏月(こあらい・あづき)役に田中という顔ぶれがそろう。

 今作で脚本を務める坂元裕二氏の作品は『問題のあるレストラン』(2015/フジテレビ)以来2度目となる松岡は「その時演じた千佳ちゃんという女の子が私の心の中にずっと居続けています。星砂という役にもとことん向き合おうと思います」と意気込み。

 撮影は「ちょっとトリッキーな演出がなされる予定で、私たちもどうやって撮るのかまだ知らない仕掛けがあるようです。没入感のある演出です」と変わった手法であることを明かし「見ている皆さんと一緒に謎を解くような感覚です。このドラマは、言うなれば、『没入型推理サスペンスラブコメディー』でしょうか?略して『没コメ』(笑)臨場感のある中で、皆さんと一緒に、誰が悪い、良いではなく、なぜ、なんで事件は起きてしまったのかを見つめていければと思っています」と見どころを明かしている。

■松岡茉優インタビューコメント

――『初恋の悪魔』に出演するにあたって

今回、出演するお話をいただいてから、どんなお話で、どんな役をいただくのかずっと待ち焦がれていました。坂元裕二さんの脚本は、“おかしみ”と“かわいらしさ”にあふれる愛すべきキャラクターたちが紡ぐ物語です。今回初めて共演する方も、お久しぶりの方もいらっしゃるのですが、坂元さんの作ったフィールドの上で精いっぱい演じながら、これからどんな物語になっていくのか、見てくださる方たちと一緒に楽しみたいなと思っています。

――「摘木星砂」という役柄について

例えば、お友達とかに本当は言ってあげたいな、こう言えたらいいのにな、と思うことをさらっと言える人で、脚本を読んでいて気持ちがいいです。登場人物のみんな、そして星砂さん自身も、なにか消化できない思いを抱えている、愛おしい人たちなので、どんな化学反応が起きるのか、私自身とても楽しみです。

――星砂のファッションについて

スカジャンは、なかなか着させていただく機会がありませんでした。衣装合わせの時に、よりどりみどり20着以上用意していただき、そこから選ばれました。星砂さんは靴下も片方ずつ別のものを履いていたりして、彼女のちぐはぐさが着ているものに出ているのでしょうか。警察官の役は初めてで、警察手帳用に警察官の制服も着させていただいたのですが、星砂さんはいつも私服で過ごしている人なので、今後、制服を着る機会はあるのでしょうか…。

――共演する皆さんの印象

林遣都さんとは18歳のときに時代劇(『銀二貫』)でご一緒したのが初めてで、そうそうたるキャストの中で、若くして主演を務められていて、その中で座長としての勇ましさを感じていました。仲野太賀さんとは、16歳の時に初めて共演して、縁が深くて、もう3、4回ご一緒していると思います。
10代の時からの仲なので、一緒にドラマができてうれしいです。柄本佑さんは、共演は初めてですが、佑さんがこれまで演じてきた役は、他の方では想像ができない印象があって、佑さんがやるとその役が生き生きして血がめぐる感じがしていました。今回演じられる小鳥琉夏役もとても楽しみです。

――坂元裕二さん脚本のドラマ出演について

ドラマでは『問題のあるレストラン』以来2回目で、その時演じた千佳ちゃんという女の子が私の心の中にずっと居続けています。星砂という役にもとことん向き合おうと思います。役作りにおいて、坂元さんの脚本の中には、必ず答えが入っているので、こうやろうかな、こうなんじゃないかな、と思っていたのではない答えが出てくるときもあります。なので何度も何度も読み込んで、その答えを逃さないように見つめていかないといけないなと思っています。

――『初恋の悪魔』を楽しみにされている皆さまへ

今回はちょっとトリッキーな演出がなされる予定で、私たちもどうやって撮るのかまだ知らない仕掛けがあるようです。没入感のある演出です。見ている皆さんと一緒に謎を解くような感覚です。このドラマは、言うなれば、『没入型推理サスペンスラブコメディー』でしょうか?略して『没コメ』(笑)臨場感のある中で、皆さんと一緒に、誰が悪い、良いではなく、なぜ、なんで事件は起きてしまったのかを見つめていければと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ