プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

飯豊まりえ、感情が“色で見える”異色の刑事役でドラマ主演 “相棒”に浅香航大

7月期プラチナイト木曜ドラマ『オクトー』に出演する浅香航大、飯豊まりえ (C)YTVの画像

7月期プラチナイト木曜ドラマ『オクトー』に出演する浅香航大、飯豊まりえ (C)YTV

 俳優の飯豊まりえが、7月7日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『オクト- ~感情捜査官 心野朱梨~』(毎週木曜 後11:59)に主演することが決定した。飯豊演じる、人の“感情の色”が見える変わり者の刑事・心野朱梨(しんの・あかり)が、感情見え見えのエリート崩れの刑事・風早涼(かぜはや・りょう)とバディを組んで、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス。風早役には浅香航大が起用された。

【写真】飯豊まりえの“バディ”を演じる浅香航大

 「感情の“色”は、嘘をつかない」――愛、悲しみ、怒り、嫌悪などすべての事件には動機となる感情がある。取調室において、そうした感情を見ることで真犯人を見つける朱梨には、人の感情が“色“で見える特殊な力がある。そんな彼女が、エリート街道を歩んでいたが、とある事件がきっかけで神奈川県警へ異動となった警部補・風早を相棒に、動機の見えない事件を解き明かす“感情ビジュアライズ”サスペンス。

 神奈川県警東神奈川署・刑事第1課強行犯1係の巡査部長である朱梨は15年前、自宅に押し入った男により、両親が殺害された事件以降、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになる。人と話す時は感情を見ないようになるべく視線を逸らすため、周囲からは人嫌いだと思われがち。

 今作は『人間の感情は8つの基本感情が混じり合うことで全て表現できる』という、実在する心理学理論『プルチックの感情の輪』を元に感情を映像化。人並外れた共感力を持つ朱梨が見る“感情の世界”がドラマの見どころにもなる。

 このほど、絵の具まみれになった朱梨と風早のビジュアルも公開。2人がこの衣装で登場する番組ティザー動画は、9日放送の同枠ドラマ『探偵が早すぎる』のラストにて初解禁される。

■キャストコメント

【飯豊まりえ】

今回私が演じる心野朱梨は、15年前のある事件がきっかけに目を合わせた相手の感情を“色”として見ることができるようになってしまった女性です。そんな朱梨が、浅香さん演じるバディの涼と、日々巻き起こる凶悪事件や、15年前の事件の真相にも迫っていくドラマです。

ドラマ劇中ではモノクロのスタイルが多いのですが、感情を8つの色で見ることができ、スケッチをしながら凶悪事件の真相に迫る役柄ということで、今回そのイメージに合わせたビジュアルを撮影しました。

この衣装は、衣装さんが何日もかけて0から作っていただいたものですし、今日も、監督さんや皆さんの意見をもとに、メイクさんが顔や手に、その場で色を追加追加していくライブ感があったりと、みんなで心野朱梨を作っていくんだなと感じました。まだクランクイン前で少し不安な気持ちもありましたが、一人じゃないんだな!と心野朱梨を演じるのがとても楽しみになっています!

【浅香航大】

今回私が演じる風早涼は、もともと警察庁に勤めるエリートだったんですが、とある事件がきっかけに異動となり、朱梨とバディを組むことになります。
「オクトー」はドラマオリジナルの作品で、犯人を捜す、トリックをあばいて事件を解決するという刑事ドラマとはちょっと違っていて、“感情の色が見える”朱梨とともに、犯人と向き合って、“動機解明”、“犯罪を引き起こす根幹となる感情”を探っていくところが、新しいなと。一見“動機が見えない”凶悪犯罪が起こっている今の時代だからこそのドラマかなと思いました。
ドラマに臨むにあたり髪の毛を切ったんですが、10年ぶりぐらいの短さで、照れています。ただ、今回のビジュアル撮影でも、照明などもあって、よく撮って頂いたんで、ドラマ撮影が楽しみになってきました。飯豊さんや他の出演者の方々、スタッフの皆さんと良いドラマにしていきたいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ