プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

菅前総理、東京五輪開催まで「いろいろありました」 批判の声に本音も「ガラッと変わった」

ドキュメンタリー映画『東京2020オリンピック SIDE:A』の対談を行った(左から)河瀬直美、菅義偉前総理 (C)ORICON NewS inc.の画像

ドキュメンタリー映画『東京2020オリンピック SIDE:A』の対談を行った(左から)河瀬直美、菅義偉前総理 (C)ORICON NewS inc.

 映画監督の河瀬直美氏(53)、前内閣総理大臣の菅義偉氏(73)が7日、都内で『東京2020オリンピック』の公式ドキュメンタリー映画『東京2020オリンピック SIDE:A』の対談を行った。

【写真】河瀬直美と笑顔を見せる菅義偉前総理

 表舞台に立つアスリートを中心としたオリンピック関係者たちを描いた『東京2020オリンピック SIDE:A』は3日より公開中。大会関係者・一般市民・ボランティア・医療従事者などの非アスリートたちを描いた『東京2020オリンピック SIDE:B』が24日より公開される。750日、5000時間、東京五輪を撮り続けた膨大な記録を元に、河瀨監督が総監督として、異なる視点から描く。

 五輪開催にあたって、さまざまな葛藤があったようで、菅前総理は「判断をする時には国の責任がありますので、そこはきちんと果たすべき。国民のみなさんに一定の安心感を持っていただかないといけない、そういう意味で大変な時期。いろいろありました」と回顧。

 開催の意義について、報道陣から向けられると「開催してよかったと思っています。関係者いろんな方からもやってよかったありがとうと数多くいただきましたので。世論調査でも、ひどい時は7割くらいが反対でしたけど、ガラッと変わったのではないのでしょうか。コロナ禍でも開催できたことは、日本の底力を示すことができた」と自信ものぞかせた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ