プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

菅義偉前総理、東京五輪で「日本の底力を示すことできた」 苦悩も明かす「呪われているのかな」

苦悩を明かした菅義偉前総理 (C)ORICON NewS inc.の画像

苦悩を明かした菅義偉前総理 (C)ORICON NewS inc.

 映画監督の河瀬直美氏(53)、前内閣総理大臣の菅義偉氏(73)が7日、都内で『東京2020オリンピック』の公式ドキュメンタリー映画『東京2020オリンピック SIDE:A』の対談を行った。

【写真】河瀬直美と笑顔を見せる菅義偉前総理

 表舞台に立つアスリートを中心としたオリンピック関係者たちを描いた『東京2020オリンピック SIDE:A』は3日より公開中。大会関係者・一般市民・ボランティア・医療従事者などの非アスリートたちを描いた『東京2020オリンピック SIDE:B』が24日より公開される。750日、5000時間、東京五輪を撮り続けた膨大な記録を元に、河瀨監督が総監督として、異なる視点から描く。

 対談の直前に『SIDE:A』を鑑賞したという菅前総理は「オリンピック開催するしないでいろんなことがありましたので、そうしたことを思い出しながら、鑑賞しました」としみじみ。「世界に対して、日本の責任を果たしたいという思いがありました。訪米をした時、ファイザーのCEOが選手のみなさんにワクチンを提供したいとおっしゃったので、そこをしっかりした上で、国内の水際対策をやると。開催するということは国の責任だと思っておりましたので、そういう中でまた開催に近づくにつれて、いろんなものが出てきたので、呪われているのかなという…」と本音ものぞかせた。

 その上で「日本のオリンピックの意義を持って、手を挙げて、招致活動をして、選ばれましたので、世界に対しての責任はあると。コロナ禍でも開催できたということは、日本の底力を示すことができた」と胸を張っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ