プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松本まりか、現場で青汁配りまくる まさかの“マズい”連発に「美味しかったんじゃないん怪!」

現場でマズい青汁を配った松本まりか(右)(C)ORICON NewS inc.の画像

現場でマズい青汁を配った松本まりか(右)(C)ORICON NewS inc.

 俳優の小芝風花、松本まりか、豊田裕大、大倉孝二らが7日、都内で行われた映画『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』(17日公開)の完成披露試写会に登壇した。

【動画】松本まりかに妖怪が憑依?小芝風花ら『妖怪シェアハウス』キャスト集結

 テレビ朝日系で放送され、4日に最終怪(回)を控えた土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』のその後を描く劇場版。妖怪たちと一緒にシェアハウスで暮らす主人公・目黒澪役の小芝風花をはじめ、お岩さん/四谷伊和役の松本まりか、酒呑童子/酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二ら、おなじみの妖怪キャストが引き続き出演する。

 撮影中のエピソードとして豊田が「松本さんが、みんなに青汁を配っていて、それがスゴく苦くて…」と明かすと、小芝も「マズいよね、あれ!」と同調した。すると豊田は「僕はおいしくいただいたんですけど。小芝さんとかは本当に…」と急に方針転換。まさかの裏切りに小芝は「今、苦いって言ったじゃん! ヒドい…」とさみしげな表情を見せていた。

 多くのキャスト陣も青汁を飲んだそう。大倉は「まぁ、飲まされたよね」とし、小芝は「本当にマズいんです…。でも、まりかさんはめちゃくちゃ健康に詳しくて。たぶん、健康にいいものだからこそ余分なものが入ってなくて、びっくりするぐらい、すんごいマズいんです」と苦いリアクションを再現していた。

 静かに聞いていた松本の反撃はフリップトークだった。映画のタイトルにかけ「○○じゃないん怪!」なテーマで話すことになったが、松本が記入したのは「美味しかったんじゃないん怪!」だった。松本は「青汁の件ですね。私としては、皆さんがおいしく飲んでくれていると思っていて。毎日、毎日、青汁がほしいのかなと思っていた」と恨めしい表情に。「大倉さん、『美味しかったんじゃないん怪!』ですよ。本当に驚きました。『おいしいよ』って言っていたんですよ。それなのに今になって、こんな大勢の前で『おいしくない』って…」と松本が詰めると、大倉は「許してくれよ…」とぽつり。続けて大倉は「残念ながら大人になるって、そういうことなんだよ」と付け加えて笑わせていた。

 完成披露試写会には、毎熊克哉、池谷のぶえ、望月歩、豊島圭介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ