プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

玉城ティナ、ど派手な“腹チラドレス”で魅了 透け感レーススカートから美脚チラリ

“腹チラドレス”で魅了した玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.の画像

“腹チラドレス”で魅了した玉城ティナ (C)ORICON NewS inc.

 俳優の玉城ティナが7日、都内で行われた『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2022』(SSFF&ASIA)のオープニングセレモニーに出席した。ウエストをチラリとのぞかせたど派手なドレス姿で会場を魅了し、透け感たっぷりのレーススカートからは美脚も披露した。

【動画】自身の監督作品について制作秘話を語る玉城ティナ

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭である『SSFF&ASIA』。アカデミー賞につながる「オフィシャルコンペティション supported by Sony」のジャパン部門では、玉城が監督を務めたショートフィルム作品『物語』がノミネートした。

 メガホンを取った玉城は「編集は初めての経験で楽しかったです。撮影もスムーズに進んで、編集は難しさ、やりがい、面白さが込められている作業だなって」と充実感たっぷりに振り返りながら「大変だったのは、その前の準備や衣装・美術打ち合わせが難しかったです」と明かしていた。

 オープニングセレモニーにはそのほか、『理解される体力』を手掛けた前田敦子、『いくえにも。』を手掛けた青柳翔、『あんた』を手掛けた千葉雄大、『ありがとう』を手掛けた永山瑛太が出席した。

■『物語』のあらすじ
何もない真っ白な部屋。その部屋には、ものいわぬ美少年が一人ベッドに横たわっている。そのベッドの傍らで、少女は少年に向かって自分の装わない気持ちを問わず語りに語り出す。二人のスリリングな関係の行方は…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ