プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小芝風花『妖怪シェアハウス』まさかの映画化に喜び 「ちょっと調子に乗って」次はハリウッドデビュー目指す

妖怪シェアハウス映画化の喜びを語った小芝風花 (C)ORICON NewS inc.の画像

妖怪シェアハウス映画化の喜びを語った小芝風花 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小芝風花が7日、都内で行われた映画『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』(17日公開)の完成披露試写会に参加した。

【動画】松本まりかに妖怪が憑依?小芝風花ら『妖怪シェアハウス』キャスト集結

 テレビ朝日系で放送され、4日に最終怪を控えた土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』のその後を描く劇場版。妖怪たちと一緒にシェアハウスで暮らす主人公・目黒澪役の小芝風花をはじめ、お岩さん/四谷伊和役の松本まりか、酒呑童子/酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二らおなじみの妖怪キャストが引き続き出演する。

 シーズン2に引き続き、映画化。小芝は「ビックリしました! これが映画化になるんだと思いました」と目を丸くする。「ドラマのシーズン1を撮影している時に冗談で『シーズン2とか映画化とか、妖怪や幽霊いっぱいいるからできますよね』と言っていたら本当にザ・ムービーで帰ってくると思っていなかった。言ってみるもんだなと思いました」としてやったりの表情に。

 「本当にシーズン2と映画化が実現したので、ちょっと調子に乗っていて(笑)。次はハリウッドデビューじゃないか、という話をしています」と満面の笑み。ちょっと高めの目標設定に、周囲も笑顔になっていた。

 完成披露試写会には、松本まりか、毎熊克哉、豊田裕大、池谷のぶえ、大倉孝二、望月歩、豊島圭介監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ