プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

戸次重幸、片岡愛之助に裏切られボヤき 『ドラクエウォーク』で「仲間だと思っていたら」

片岡愛之助に裏切られボヤいた戸次重幸(C)ORICON NewS inc.の画像

片岡愛之助に裏切られボヤいた戸次重幸(C)ORICON NewS inc.

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(50)、俳優の戸次重幸(48)が7日、東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで舞台『奇人たちの晩餐会』の公開ゲネプロ&取材会を開催した。

【動画】「仮面ライダー」つながりの片岡愛之助・戸次重幸が初共演!「変身」と言えたらそれ以上のカッコいいセリフはないと思っている

 本作が本格的な初共演となる2人。互いの印象を問われた愛之助は「バラエティーでご一緒をさせていただいたこともあったんですけど、マジメでスゴく頭の回転もよくて面白い。イメージ通り、器用になんでもできる方なんだなと思いました」と明かす。

 一方の戸次は「前に愛之助さんが『ドラクエウォーク』をしているのをテレビで見たんです。『仲間だ!』と思って、お会いした時にドラクエウォークの話をした。そこから1年ぐらい経ちまして、今回お会いする時に『さぁ、レベルいくつだ!』と勇んで聞いたら辞めちゃったと…。がっかりしました」とボヤく。愛之助は「申し訳ない!」と苦笑いで恐縮し、笑わせていた。

 本作は、映画『Mr.レディMr.マダム』、『メルシィ!人生』など多くのコメディー映画の脚本を執筆し、フランス喜劇を代表する脚本家フランシス・ヴェベールが1998年に発表した作品。これはと思う風変わりな人物たちを集めて仲間たちと晩餐会を催し、一番の奇人を決めるという悪趣味を持った編集者が、たまたま出会ったとんでもない変わり者に逆に振り回され、人生最大のピンチをむかえることになるシチュエーションコメディー。演出はミュージカルからストレートプレイまで、ジャンルを超えて数多くの作品を手掛ける演出家の山田和也氏が務める。

 いよいよ初日を迎え、愛之助は「待ってました、という感じです。喜劇と言われる部類で、こういうお芝居はお客様が入らないとわからない部分が多い。どんな反応がいただけるのか、ドキドキしております」と話し、戸次は「ただでさえけいこ好き。だから言うんですけど、もうちょっとけいこしたかった(笑)。完璧なんですけど、不安なお芝居なんです。観る方は簡単なんですけど…。愛之助さんが『剛速球のキャッチボール』と表現されている芝居なんですけど、剛速球を至近距離で。たっぷりけいこしたんですけど、もうちょっとしたかった」と、らしく語っていた。

 東京公演は、きょう7日に開幕し、19日まで同所で。その後、大阪、長野、愛知、福岡でも上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ