プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

乃木坂46賀喜遥香、初水着にド緊張も「楽しかった」 次回写真集の構想も明かす

次回写真集の構想を明かした乃木坂46・賀喜遥香(C)新潮社の画像

次回写真集の構想を明かした乃木坂46・賀喜遥香(C)新潮社

 アイドルグループ・乃木坂46賀喜遥香(20)が7日、同日に発売した1st写真集『まっさら』刊行記念オンライン取材会に出席。3度の発売前重版で19万部となった1st写真集への思いを語った。

【写真集カット】爽やかな笑顔!海辺での賀喜遥香お気に入りカット

 20歳になって間もなく沖縄・宮古島と東京で撮影し、少女のあどけなさと女性のしなやかさをみずみずしく表現した同作では、自身初水着&初ランジェリーカットにも挑戦した。初版16万部から、さらに発売前に重版が決まり19万部スタートとなり、発行元の新潮社の126年の歴史で刊行記録上、写真集としては最大の初版部数となった。

 賀喜は、写真集で最も楽しかったシチュエーションについて話が及ぶと「宮古島の海での撮影」と振り返る。「栃木に住んでいたっていうのもあって、海に行ってみたいっていうのが一番大きかったので、きれいな青い海が見てみたいと思っていた。特に朝夕の海辺での撮影がすごく楽しかった」とワクワクだった様子。

 それと同時に最も緊張したカットも同じシチュエーションだと明かし、「初めての水着が宮古島の海でっていうのが一番緊張しました」と初の水着カットへ挑んだ心境も語った。

 また、「今回宮古島と東京で撮影させていただいて、日本で撮影できたのはすごく良かったなと思うんですけど、海外で写真集を撮っていた先輩方がいっぱい、いらっしゃったので、もし次があるとしたらヨーロッパのパリとかアメリカとか、行ったことないおしゃれな街で撮影したい」と次回写真集の構想も伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ