プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ドラマ『拾われた男』“原作者”松尾諭が本人役で登場 井川遥・柄本明も本人役

ディズニープラスのオリジナルドラマ『拾われた男』6月26日よりディズニープラス「スター」で見放題独占配信 (C)2022 Disney & NHK Enterprises, Inc.の画像

ディズニープラスのオリジナルドラマ『拾われた男』6月26日よりディズニープラス「スター」で見放題独占配信 (C)2022 Disney & NHK Enterprises, Inc.

 俳優の松尾諭が自らの波瀾万丈なサクセスストーリーを描いたエッセイをドラマ化した『拾われた男』(全10話)の出演者が新たに発表され、原作者でもある松尾が“本人”役で出演することが明らかになった。敏腕編集者・芥川マリ(夏帆)とともに、自身の過去を振り返りながら、“松戸諭”の物語を書き進めていく“転がし役”を担う。ほかにも井川遥、柄本明らが本人役で登場する。

【画像】ドラマ『拾われた男』ポスタービジュアル

 特別な才能はない…けれども、強運と縁に恵まれた俳優志望の男が、他人に“拾われ”続けることで、夢も恋も掴んでいくストーリー。役者を目指して上京した松戸諭(仲野太賀)は、オーディションにすらたどり着けない、鳴かず飛ばずな日々を送っていたが、ある日、自販機の下で偶然見つけた航空券を“拾った”ことで、人生が大きく動き出す。サトルの兄タケシ役で草なぎ剛、サトルの運命の女性である比嘉結役で伊藤沙莉が出演する。

 今回解禁となったのは、主人公・松戸諭の物語を彩る“本人役”の出演者。役者を目指して上京した諭を拾った芸能事務所FMC一番の売れっ子“癒し系”女優として、井川が出演。ひょんなことから松戸諭は彼女の運転手になり、意外な本心を吐露されるほど頼られる。

 井川は「もちろん、まわりのキャストの方の中で浮くだろうなぁ、無理があるだろうなあと思いました。でもこれは原作と違って“ドラマはフィクションです!”と乗せられて(笑)。自分であって、ある意味、破茶滅茶でいいんだな、と受け取って(笑)演じようと思いました。実際のところかなり寄せているところとフィクションが入り混ざり…仕上がりはどんなことになっているのか、怖いような楽しみのような気持ちです」とコメントしている。

 松戸諭が上京して初めて受けた劇団・東京乾電池のオーディションのシーンで、劇団の結成メンバーである柄本、ベンガル、綾田俊樹の3人が審査員として出演し、実際のオーディション並みの迫力を見せる。

 柄本は「松尾諭さんとは近所に英会話できる空間があって、そこであいさつをして、ちょこっとお会いしたことあります」と、原作者・松尾諭との“意外な縁”を明かし、本人役を演じることについては「特に何も考えず演じています」と自然体で臨み、「楽しく観ていただければ幸いです」とコメントを寄せた。

 また、松戸諭がアルバイトをしているビデオレンタルショップTATSUYA渋谷店の客として、映画監督の塚本晋也が登場。要潤演じる映画監督志望“塚本”との接点が見どころとなる。

 本作は、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で6月26日より見放題独占配信される(全10話、毎週1話ずつ配信)。NHKのBSプレミアム・BS4Kでも同日より放送開始(毎週日曜 後10:00~)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ