プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

高田里穂『Valmuer』撮影モデルに起用 “服の悩み”や“気になるアイテム”明かす

レディースブランド『Valmuer』の撮影モデルに起用された高田里穂(右)とクリスティンウェイの画像

レディースブランド『Valmuer』の撮影モデルに起用された高田里穂(右)とクリスティンウェイ

 ファッション誌やテレビ番組、映画など、数多くのメディアに出演するモデルの高田里穂が、レディースブランド『Valmuer』(ヴェルムーア)の撮影モデルの起用され、このほど、同ブランドのファウンダーである、クリスティン ウェイ氏と対談した。

【写真】華奢な二の腕あらわ…アンニュイな表情を見せる高田里穂

 対談では、高田が、今回の撮影を振り返るとともに服の悩み、ファッションについて気になっているアイテム、夏に向けて、挑戦したいものなどを明かしている。

■高田里穂×クリスティン ウェイ氏

【クリス】――今回の撮影アイテムで何が気に入りましたか?
【高田】肌見せアイテムが多かったですね。春夏って露出が多くなりますけど、今年は特にお腹見せとか肩見せとかが流行ってるんですよね。きっと。だからなんか私もテンション上がっちゃいました。

【クリス】――そんなキレイな体を持っていながらも、服の悩みとかありますか?
【高田】あーありますね。なかなか自分の体型に合う洋服がなくて、実は。

【クリス】そんなことあるんですか(?!)そんなにスタイルがいいのに。
【高田】いやいやあります。あります。例えば、私って、全体的に見ると、傘みたいな体型。体の面積は大きいんだけど、手足とかが細いので。

【クリス】――華奢(きゃしゃ)ってこと? それはだいたいみんな憧れのタイプじゃないですか?
【高田】いや~どうなんだろう。洋服がすごいダボっとして見えるんですよ。きれいにフィットしたいですけど。例えば、ウエストまわりはぴったりだけど、脚まわりがダボダボになったり。丈が埋まってるというか、布が余ってるというか。よれてるというか。そんなことが多くて、なかなか合う服がないから、結構的にメンズの洋服を買ったりしてますね。

【クリス】――でも実は、ヴェルムーアの服ってそういう問題・悩みが、逆にないかもしれないです。
【高田】思いました!
【クリス】そうですよね。結構私自身がすごく思ったのは、日本って流行っているのは、上も下も大きいダボっとしたものが多いイメージですけど、それがすごくかわいいなと思うんですね。でも例えば、ちょっと色気を出したいようなデートに行く時とかに、自分の細い腕や細い腰を見せたりできて、いつもよりセクシーかな。とか、いつもよりちょっと色気あるかな。と思えるような服があればいいなと思ったんですよ。だから、『ヴェルムーア』のファッションは、どこか露出があって、どこかポイントがあって、普段使いはもちろん、デートに使ってもちょっと色気があってみたいな。そういうのを中心に、長年やってきました。
【高田】めっちゃかわいかったです。欲しい洋服がいっぱいありました。

【クリス】――本当(?!)どれが1番気に入りました?
【高田】意外と、シャツブラウスの襟が大きいやつとか。私、普段は(襟が大きい)ガーリーな服着ないんですけど、ジーンズに合わせたらカジュアルになってかわいいんだなと思って。
【クリス】そうですよね。しかも、顔色とか結構よくなりますね。
【高田】そうですね。

【クリス】――この夏って、ファッションに関して気になっているアイテムありますか?
【高田】そうだな~。今年、結構カラフルが流行りじゃないですか? 真緑、真ピンクブルーみたいな。実は、そういうカラーアイテムを私もすごい買ってて、それは引き続き注目していきたいなーと。

【クリス】――そうですね。今シーズンの『ヴェルムーア』もだし、通年ですけど、カラフルなブルー系とかピンク系とか紫系とか、ずっとよく出るアイテムなんです。あと、個人的にちょっと注目したいのは、デニム素材のものをよく見かけますよね。ああいうセットアップとか。今シーズンの『ヴェルムーア』にも、たくさん出てるのでぜひ見てください!
【高田】私は全部欲しいです。
【クリス】買ってくださいー笑 お手頃なんで。
【高田】ね! そんなにお高くないですしね!
【クリス】そうですね! 最初のシーズンから今までずっと私たちの理念が高いものと合わせても安く見えない。高見えするようなファッションのスタイルを作っているんですね。だからなんか高そうに見えるんですけど、みんな値段を見ると『意外に安いね』っていうのを言われますね。
【高田】デザイン性もすごい凝ってるから、もっとするのかなと思いました!
【クリス】あとやっぱり、お客様によく言われるのは、洗っても形が変わらない。
【高田】ええ! それが一番いいですよ!
【クリス】そう。洗っても形が変わらないってのが一番褒められていて。最近思うんですけど、インスタのブランドってたくさんありますよね? 写真がすごく綺麗で、買ってみて、一回洗ったら、形変わっちゃったりとか、、そんな経験、みんなあると思います。『ヴェルムーア』は、すべてのアイテム、全部洗っても大丈夫ですよ。あと、届いてから写真よりかわいいっていうコメントが多いんです。

【クリス】――この夏に向けて、何か挑戦したいものとかありますか?
【高田】マリンスポーツをやってみたくて私!
【クリス】UVとかは気にしないんですか?
【高田】あー気にはしますけど、、もう何か割り切っている部分もあって、夏は絶対に焼けるじゃないですか? まあ、完全防備をして、ウェイクボードやってみたいですね!
【クリス】ああ! かっこいいですね。
【高田】友達とかがやっていて楽しそうだから、やりたい!
【クリス】あれって結構誰でもやれるんですかね?
【高田】体幹が大変みたいで、何回も何回も挑戦してやっとできるみたいな。
【クリス】そういうことですね。いや、私もやってみたいと思うけど、UVを気にしますね。
【高田】ね! 肌がきれいですね。
【クリス】いやというよりも、普通に普段からUVは気にしてます。

【クリス】――ファッションポイントとしては、古着が好きでメンズ服もよく着るっておっしゃっていたけどそれ以外には?
【高田】やっぱりカジュアルなのが好きで、本当にTシャツとダランダランのボトムスとか。色ものが好きで、あんまり白黒を着ないんですよね。
【クリス】いいですね。
【高田】きょうも紫のシャツとかで来ました。なんかそういうのはこだわりがあるかもしれない。どうせ買うなら黒を買いたくないな。
【クリス】それは、『ヴェルムーア』のブランドイメージに近いかもですね。もちろん白黒も結構作っているんですけど、色ものもたくさんありますね。これ日本人が買うかなっていうのも疑問ありつつ、一応その商品も出します。
【高田】私は色ものしか着ないな。
【クリス】良かったです。白黒以外が欲しい人たちが『ヴェルムーア』に来ます。
【高田】どうせ着るなら個性があるものを着たいから、あんまり流行りに敏感じゃない部分もあって。だから古着が好きだしみたいな。

【クリス】――最後に、今後の活動に関して聞かせてください!
【高田】そうですね。映画とか、ミュージックビデオとか、ちょこちょこあるんですけど、出来ればSNSをチェックしてもらって、インスタグラムとツイッターやっていますので、そこで随時いろんな情報出しているので、よかったら見ていただけたらと思います。で、普段はお芝居の仕事をメインにやってて、たまにモデルとか、最近はグラビアの仕事もやらせていただいて。

【クリス】――美ボディーですもんね?
【高田】いえいえ~とんでもない。
【クリス】英語もペラペラじゃないですか。
【高田】いやいや、ペラペラじゃないです~
【クリス】海外でも、仕事できそうだと思いましたけどね。
【高田】でもそうしたいんです。本当は世界で活躍できる人になるっていう目標があって、そしたらきょう現場に来たら、みんな英語しかしゃべってないから、刺激的でした。
【クリス】よかったです。
【高田】なんか、夢に近づけたじゃないですけど、今後もがんばっていきます。
【クリス】今後の活躍を楽しみにしています。
【高田】ありがとうございます。また、ご一緒したいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ