プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

倍賞千恵子から醸し出される悲壮感 映画『PLAN 75』発想のきっかけは「憤り」

交通整備の職に就いたミチ(倍賞千恵子)=映画『PLAN 75』(6月17日公開)(C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fuseeの画像

交通整備の職に就いたミチ(倍賞千恵子)=映画『PLAN 75』(6月17日公開)(C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

 俳優の倍賞千恵子主演、映画『PLAN 75』(6月17日公開)より、新たな場面写真が解禁となった。

【動画】公的機関が作りそうな感じがよく出ている<プラン75>加入促進CM

 本作は、「第75回カンヌ国際映画祭」でカメラドール(新人監督賞)に準じるスペシャルメンション(特別表彰)を受けた早川千絵監督の長編デビュー作。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻ろうされる人々の姿を描く。

 劇中で倍賞演じるミチは、ホテルの客室清掃員の仕事を辞めざるをえなくなり、ハローワークで仕事を探すも高齢のため、なかなか新しい職場を見つけられない…。新たに解禁されたのは、働き先としてようやく見つけた交通整備の職に就いたミチの姿。夜間に佇むミチの表情からは悲壮感がにじみ出ている。

 早川監督は「ここ数年の間に”自己責任”という言葉を多く耳にするようになり、社会的に立場の弱い人への風当たりが強くなっていることへの憤り」が本作の発想のきっかけとしながら、「私が子どものころは、長生きをすることはおめでたいことだった。ここ最近は年をとることに対する不安ばかりがメディアで煽(あお)られるようになっている。高齢化社会の問題が解決に向かわないことの憤りが、高齢者自身に向けられているように感じる。誰もがこの先体験するという意味で想像しやすいであろう高齢者を主人公にした物語を描こうと思った」と、語っている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ