プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

松岡美里、マーベルの新ヒーロー“ミズ・マーベル”に決定 新祐樹、ファイルーズあい、増田俊樹が出演

日本版声優(左から)松岡美里、新祐樹、ファイルーズあい、増田俊樹=『ミズ・マーベル』(6月8日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始)(C)2022 Marvelの画像

日本版声優(左から)松岡美里、新祐樹、ファイルーズあい、増田俊樹=『ミズ・マーベル』(6月8日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始)(C)2022 Marvel

 あす8日午後4時よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信開始となる、オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』の吹替キャストが発表された。“アベンジャーズオタク”で、キャプテン・マーベルに強い憧れを抱く主人公カマラ・カーン=ミズ・マーベル役は、松岡美里(『映像研には手を出すな!』水崎ツバメ、『可愛いだけじゃない式守さん』猫崎享役など)が務める。

【動画】新ヒーロー誕生とアクションシーンが垣間見える新映像

 恋や友人関係など、学生ならではの悩みを抱く高校生カマラ・カーン。周りと上手くなじむことができず、ヒーローになったら全て思い通りになるはず…と、妄想する日々を過ごしていた。そんなある日、夢にまで見たヒーローのパワーを手に入れた彼女は、学生生活とともにヒーロー活動に全力で取り組み、“ミズ・マーベル”として目覚めていく。

 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初参加の松岡は「まさか自分がマーベルの世界に入れるだなんて思ってもみなかったので本当にうれしかったです。最初は信じられなかったのですが、予告編にある『ヒーローよ』というせりふが自分自身にも重なって聞こえて、少しずつ実感が湧いてきました。何度も予告編を見てはうるうるしてました」と、念願の出演が叶った喜びを語っている。

 さらに、本作については「〈ヒーローになって世界を救うこと〉は誰もが一度は憧れたことがあると思います。夢を叶えるワクワク感を味わうことができる魅力あふれる作品です。思春期ならではの人間関係など、共感できる部分がたくさん描かれており、皆さんの期待を裏切らない物語ですので、ぜひ見ていただきたいです」と、“新ヒーロー誕生ドラマ”をアピールする。

 手に入れたスーパーパワーで全てが上手くいくと思いきや、「想像を超えていた」ヒーローならではの葛藤を抱くことになるカマラを支える親友ブルーノ・カレッリ役には、新祐樹(『東京リベンジャーズ』花垣武道、『ハイキュー!!』輪島友和など)が決定。新は「マーベル作品は好きで観ていたので、MCU の吹替をできることがすごくうれしかったです」と、コメント。主人公カマラの魅力について「コンプレックスを持ちながらも、明るく元気で前向きなところ。恋も、ヒーロー活動も、全てがハツラツとしていて、皆に愛されるキャラクターだと感じました」と、話している。

 カマラの学生生活を彩るもう一人の親友ナキア役でファイルーズあい(『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』空条徐倫、『トロピカル~ジュ!プリキュア』の夏海まなつ)が参加。ファイルーズは、ミズ・マーベル役の松岡について「彼女のフレッシュな感じがカマラの成長とバッチリはまっていて、カマラ役は松岡さんしかいないと思います」と、松岡の“ハマり役っぷり”を明かしている。

 さらに、カマラが恋に落ちて夢中になる憧れの男性カムランを演じるのは、増田俊樹(『僕のヒーローアカデミア』切島鋭児郎、『進撃の巨人』ポルコ・ガリアード)。「カマラがありとあらゆる事に巻き込まれながらも成長、変化していく姿が必見です。彼女の成長と、それを翻ろうする次元を超えたストーリーを是非楽しんでほしいです」と、本作への期待が高まるメッセージを残している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ