プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

菅田将暉、Vanudy監督の遊び心詰まった「惑う糸」MV公開 デビュー5周年記念で5つの企画発表

菅田将暉「惑う糸」MV公開 目を見開くカットからPOPスターに変身していくの画像

菅田将暉「惑う糸」MV公開 目を見開くカットからPOPスターに変身していく

 俳優で歌手の菅田将暉がアーティストデビュー5周年を迎えた7日、日本テレビ系ニュース番組『news zero』テーマソング「惑う糸」を配信リリースし、ミュージックビデオ(MV)を公開した。10月からはライブツアー『菅田将暉LIVE TOUR 2022 “クワイエットジャーニー』(全12公演)を開催することなど、計5つの企画が発表された。

【写真】Vaundyが撮影&ディレクション キラキラな菅田将暉の新ビジュアル

 1つ目は「惑う糸」の配信リリース&MV公開。MVは、夢の中で彷徨う男が、夢見る“ポップスター”に変身して歌い、また目覚めては忘れて日常を進んでいくストーリー。魅惑的なポップスターを菅田が演じ、これまでのMVとは一線を画すクールな映像となっている。

 監督は、本作の作詞・作曲・編曲および、アーティスト写真・ジャケット写真の撮影やアートディレクションなどトータルプロデュースを担当した21歳のマルチアーティスト・Vaundy。菅田は現役大学生でもあるVaundyにレコーディングや撮影現場でも刺激を受けながらクリエイティブを完成させた。

 MVについて菅田は「摩訶不思議な世界に見えてじっくり見れば見るほど自分事に見えてくる。今までとこれからの間には、誰も知らない一人のお話。Vaundy監督の遊び心がふんだんに詰まったMV、ぜひお楽しみください」とアピール。

 Vaundyは「この作品は曲を作った時にぼくが想像していた映像をそのまま形にしました。特に、目を見開くカットからPOPスターに変身していくシーンは僕の想像した通りの仕上がりで、菅田さんにしかできないものになっていると思います。我ながら何度見てもかっこいいです」と自画自賛。「本気で挑んだ初映像監督作品で菅田さんを撮ることができて、とても光栄で貴重な体験でした。ぜひ楽しんでください」と呼びかけている。

 2つ目は、3月にリリースしたアルバム「菅田将暉2020-21 SONGS 『COLLAGE』」のCDのみのシークレットトラックとして収録されていた「Standby」を「惑う糸」と同日配信リリース。お笑いコンビ・三四郎の相田周二が「しゅーじまん」名義で制作した楽曲となっている。

 3つ目は前出の全国ツアー開催決定。10月28日の大阪公演を皮切りに5都市のZeppを回り、ファイナルは12月4日に宮城・SENDAI GIGSで迎える。

 4つ目の企画は、YouTubeで未解禁のMVフルバージョンを、3日間にわたって公開。8日は「見たこともない景色」、9日は「ばかになっちゃったのかな」、10日は「呼吸」のMVをいずれも午後8時にYouTubeで公開する。

 ラスト5つ目は、過去のライブ映像4本をYouTubeプレミア公開することが決定。11日に『菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018』、12日に『SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM 2018.11.15』、18日に『菅田将暉 LIVE TOUR 2019 “LOVE”』、19日に『菅田将暉 LIVE STREAMING 20210221』をいずれも午後6時に公開する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ