プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

米津玄師、『GINZA』で女性ファッション誌初表紙 12ページの特集で多角的に紹介

月刊ファッション誌『GINZA』7月号(6月10日発売)の表紙を飾る米津玄師(C)マガジンハウス Photo:Taro Mizutaniの画像

月刊ファッション誌『GINZA』7月号(6月10日発売)の表紙を飾る米津玄師(C)マガジンハウス Photo:Taro Mizutani

 シンガー・ソングライターの米津玄師が、月刊ファッション誌『GINZA』7月号(6月10日発売、マガジンハウス)で表紙を務めることが明らかになった。米津が単独で女性ファッション誌の表紙を飾るのは初となる。

【写真3点】米津玄師のくつろぎショット…『GINZA』7月号の中面

 表紙に加え、中面では「居心地のよい場所」をテーマにしたファッションシューティング。インタビューでは「創作活動の源となる、居心地のよい空間」や「クリエイションをかき立てるもの」「仮想空間での大切な場所」について明かす。

 米津は「居場所は自分で見つけるしかなくて。他人がどうこうできるわけではないので、ちょっとでもいいから外に目を向けてみることが重要なのではないでしょうか。何かに影響を受け、自分にとって心地いい生活を作っていくために、いろいろな人の話を聞くことは、ものすごく大切なんじゃないかなとは思いますね」と語っている。

 さらに、「米津玄師を捉えるクリエイターの証言」として、写真家の小浪次郎氏、映像作家の山田智和氏、映像監督の奥山由之氏のインタビューも掲載。12ページにわたって多角的に紹介する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ