プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『はい、泳げません』リトグリの歌でガラリと変わる140秒予告解禁

映画『はい、泳げません』(6月10日公開)(C)2022「はい、泳げません」製作委員会の画像

映画『はい、泳げません』(6月10日公開)(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

 俳優の長谷川博己、綾瀬はるかが共演する映画『はい、泳げません』(6月10日公開)より、Little Glee Monsterによる主題歌「magic!」と「生きなくちゃ」に乗せて、主人公の抱える喪失感やある過去の出来事にも触れていくエモーショナルな140秒の予告映像が解禁となった。

【動画】映画『はい、泳げません』140秒予告

 水に顔をつけることもできないほどのカナヅチなのに、頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな大学教授・小鳥遊雄司(長谷川)が、意を決して水泳教室に通い始め、水泳コーチ・薄原静香(綾瀬)のもとでカナヅチ克服に励むコミカルなやりとりの楽しさが大きな魅力の本作。

 「水泳はすごいんです。素晴らしいんです! 私は小鳥遊さんにもあの喜びを感じてもらいたいんです!」。厳しくも温かい目線で、小鳥遊が泳げるように導いていく薄原コーチのもとでぐんぐんと成長していく小鳥遊はついに息つぎができるようになり、シングルマザーの恋人、奈美恵(阿部純子)とその息子に「海に行きたい!」と言われて満更でもない表情を浮かべるまでに成長。ますます水泳にのめり込んでいく。

 ところが、「怖いんです。思い出すのが」という小鳥遊の脳裏に浮かんだのは、「お父さん!」と呼ぶ息子の声と水の中に紛れていく息子の後ろ姿なのだった。御徒町凧が作詞、森山直太朗が作曲を手がけLittle Glee Monsterに提供したバラードナンバー「生きなくちゃ」にのせて、かつて夫婦だった美弥子(麻生久美子)とともに、悔やんでも悔やみきれない出来事を消化できず、思いをぶつけ合う二人。

 夜のプールで「泳ぐのも怖い。思い出すのも怖い。僕は臆病で自分勝手な卑怯者だ!」と心の苦しみを吐露する小鳥遊に、コーチの薄原がかけた言葉とは…。泳げるようになればなるほどに蘇る悲痛な記憶に苦悩しながらも、それでも泳ぐことをあきらめず、大切な人のためもう一度前を向こうとする小鳥遊。

 演じた長谷川は「雄司という人間を通して、この映画を観る人たちが自分の人生と何かを照らし合わせてくださり、人生の回復の手助けになるような映画になればいいなと思います」とコメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ