プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

神宮寺勇太“ジョー”はどうする!? 美山加恋“熊本”の行動で大騒動 『受付のジョー』第7話あらすじ

『受付のジョー』第7話に出演する神宮寺勇太(King & Prince) (C)NTV・J Stormの画像

『受付のジョー』第7話に出演する神宮寺勇太(King & Prince) (C)NTV・J Storm

 人気グループ・King & Princeの神宮寺勇太が主演する、日本テレビ・シンドラ『受付のジョー』(毎週月曜 深0:59※第7話は深夜1時23分から)。このほど6日放送の第7話場面カットとあらすじが公開された。

【写真】トリンドル玲奈演じるカレンが新たな受付チーフに

 今作は、神宮寺が演じる営業マンの“ジョー”城拓海が“受付”の世界に飛び込むことになり、仕事に恋に、悪戦苦闘しながらもホスピタリティを身につけ、成長していく姿を描く。

■第7話あらすじ

ついにデジタル化された凛燈舎の受付。それでも有人の受付を残したい、とプランを軌道修正することに決めた城は、カレン(トリンドル玲奈)と仁子(田辺桃子)とともに、シェアオフィスの計画を練り始める。そんな3人とは対照的に、熊本(美山加恋)は「残れるかわからないシェアオフィスの仕事を手伝う気はない」と転職活動を続けている。

そんな中、熊本は会議室で企画部社員の忘れ物の書類を見つける。元経理職の熊本はその書類に不審な点を見つけてしまう。

一方、西(田村健太郎)は城に、春口(松井愛莉)の休職の原因が自分だと言われたことを悩んでいた。城に誘われ、2人は飲みに行くことに。人の気持ちや感じ方といった、簡単には答えの出ない話をするうち、飲みすぎてしまう城と西。

そのとき熊本は、デザイン会社の専務に、会議室の忘れ物から見つけ出した凛燈舎の不正の証拠を見せ、きちんと正規の金額を要求するように勧めていた。

その夜、仁子が帰路についていると、そこには酔い潰れた城の姿が。驚いた仁子は城を部屋まで送り届ける。大量の本に埋もれた部屋に驚く仁子だったが、適応障害について勉強した何冊もの本を見つけ、城の春口への想いを再認識する。

翌日、受付バックヤードに企画部次長が怒鳴り込んでくる。熊本が凛燈舎の不正の証拠を下請けのデザイン会社に勝手に渡したことに怒り心頭な次長。窮地に立たされる熊本に城は…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ