プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

競馬で6400万円当てたインジョンじゃい“マンション買えるくらいの請求”で「破産しました」

インスタントジョンソン・じゃい(2012年撮影) (C)ORICON NewS inc.の画像

インスタントジョンソン・じゃい(2012年撮影) (C)ORICON NewS inc.

 お笑いトリオ・インスタントジョンソンのじゃいが5日、自身のYouTubeチャンネルを更新。昨秋に競馬で6400万円を当てたが、税務署から「マンションを買えるくらいの請求」をされたことを明かした。

【動画】競馬で6400万円当てたインジョンじゃい「破産しました」

 じゃいは、冒頭に「破産しました。去年の秋に、僕の家に2人の男性が訪ねてきました。税務署の人ですね。僕は税金もちゃんと納めているし、競馬で勝ったお金も納めているので、なんらやましいところはない。調べさせてほしいということで、通帳なり、過去の資料を全部持っていきました。そこで出た結論が、マンションを買えるくらいの値段の請求がきました。競馬での額なのですが、はずれ馬券が経費にならないと。わかりやすく言うと、1億円使って、1億5000万円勝ったとしても、1億5000万円分の税金がかかるということで、5000万円しか勝ってないくても、丸々持っていかれてしまうというような状態です」と冷静に説明。

 続けて「これはもう…ほぼ納税なんてもんじゃないです。競馬ファンの中では二重課税と言われていますけど…。もちろん、法律なので、払おうと思いましたが、さすがにおかしいと思ったので裁判をしようと思ったのですが、最低でも6年はかかると言われました。なんの武器もなく戦える相手ではないので、それなりの弁護士と税理士をつけると、数千万円かかると。裁判をやれば勝てると思いましたが、さすがに6年間するのはしんどいということで、折れまして、支払うことにしました」と明かした。

 税金の問題点について、自身の思いを語った上で「勝ったところで全部持っていかれてしまうので、馬券を買う意味がなくなってしまった。法律なんで払いますし、借金生活でも返していきますが。これは提案なのですが、競馬や競艇やボートの税金は無税にした方がいいと思います」と訴えていった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ