プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

広瀬アリス“純”が松村北斗“柊磨”の母と衝突 『恋マジ』第8話あらすじ

6日放送の『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する広瀬アリス、松村北斗 (C)カンテレの画像

6日放送の『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する広瀬アリス、松村北斗 (C)カンテレ

 俳優の広瀬アリスが主演する、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(毎週月曜 後10:00)の第8話が、6日に放送される。このほど場面カットとあらすじが公開された。

【写真】こちらの恋の行方も気になる…岡山天音が飯豊まりえを“おんぶ”

 今作は27歳恋愛不要女子の主人公・純(広瀬)、刹那恋愛主義男子・柊磨(松村北斗)、安定志向早婚レス妻・響子(西野七瀬)、訳ありミステリアスシェフ・要(藤木直人)に加え、愛され中毒パパ活女子のアリサ(飯豊まりえ)、不思議系陰キャ男子・克巳(岡山天音)ら恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。

■第8話あらすじ

店をリニューアルオープンして一発逆転を狙った純の作戦が功を奏し、サリューには客足が戻ってくる。柊磨が店を買い取る条件として、オーナーの次郎(小市慢太郎)が提示した売上目標も、達成まであと少しに迫る。

そんなある日、純が同僚とサリューへランチを食べに行くと、店では真弓(斉藤由貴)がホール係として働いていた。柊磨は本人の希望と人件費節約のためだというが、真弓はどう見ても足手まとい。再び店の評判が落ちることを危惧した純は、柊磨に「やめさせたほうがいい」と忠告するが、それが原因で2人の間には不穏な空気が漂い始める。

幼い頃から苦しめられ、縁を切るほど母親をいみ嫌っている純は、真弓を決して見捨てようとしない柊磨に複雑な思いを抱くが、拓人(古川雄大)から幼い頃の柊磨の驚くべき話を聞いて、自分から真弓に歩み寄ろうと決意。しかし、そんな純の態度は真弓の母心を逆なでしてしまい…。

一方、田辺(アキラ100%)の妻から慰謝料を請求されたアリサは、合わせる顔がないと克巳を避け続けていた。夫に離婚を宣言した響子もまた、偶然、家族と一緒にいる要を目撃してショックを受けるが、それでも自分の気持ちを抑えきれなくなり…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ