プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『マイファミリー』「この人が真犯人!?」 意味深ラストに動揺広がる「もう全員怪しい」【ネタバレあり】

日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBSの画像

日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS

 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第9話が、5日に放送された。※以下、ネタバレあり。

【写真】「この人が真犯人!?」ラストに”意味深登場”した刑事・梅木

 実咲(凛美)が思わぬ姿で発見された。警察は温人(二宮和也)を逮捕。身代金の一部である1億円も自宅から回収した。実咲と心春(野澤しおり)を誘拐した真犯人の狙いは、温人や東堂(濱田岳)たちに全ての事件の容疑をかけることだった。

 そして絶体絶命の温人に襲いかかるのは、香菜子(高橋メアリージュン)の非情な決断だった。そんな時、事件の鍵を握るモノが捜査線上に浮上する。そして、真犯人は新たな犯行を企てる。そのターゲットは、まさか妻?…という第9話のストーリーだった。

 鍵となるのは、友果が借りていた実咲のタブレット。自宅にいた未知留(多部未華子)へ、逃亡中の東堂が誘拐犯の機械音声を通じて「タブレットを誰にも渡すな。もし誰か取りに来たらそいつが犯人だ」と警告する。そのとき自宅の呼び鈴が鳴る。

 玄関に姿を見せたのは、新人刑事・梅木司(那須雄登)で「神奈川県警の者です。こちらに阿久津実咲さんのタブレットがあるとお聞きして受け取りに来ました」と告げる。危険を察知した未知留は、東堂の命令で勝手口から逃亡を図る。

 友果からのメッセージでタブレットのパスワードを入手した未知留は、振り返り梅木がついてきていないことを確認してタブレットを開く。そこで見つけたのは「心春ちゃん」という名前のフォルダ。指を画面に近づけ開いた次の瞬間、未知留は背後から布を持った手で口を塞がれる…というシーンで終了した。

 意味深なラストを迎えた第9話。ネット上では「この人が真犯人なのか?」「梅木が犯人の伏線あった?」「意外過ぎる」「待って、思考が追いつかない」「どんなラストになるのかまだ分からん」「もう全員怪しい」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ