プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『はい、泳げません』綾瀬はるか、プールサイドで仁王立ち 本編映像も解禁

映画『はい、泳げません』(6月10日公開)(C)2022「はい、泳げません」製作委員会の画像

映画『はい、泳げません』(6月10日公開)(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

 俳優の長谷川博己、綾瀬はるかが共演する映画『はい、泳げません』(6月10日公開)より、長谷川演じる泳げない哲学者・小鳥遊雄司を、綾瀬演じる水泳コーチ・薄原静香が「つべこべ言わない!」と一喝するシーンの本編映像が到着した。

【動画】水恐怖症の小鳥遊(長谷川博己)が初めてプールに大騒ぎ

 本作は、ノンフィクション作家、高橋秀実(※高=はしごだか)の同名エッセーが原作。ある決定的な理由で水を恐れることになった主人公が、意を決して水泳教室に通い始めることになり、静香コーチのもとでカナヅチ克服に励みながら、元妻の美弥子(麻生久美子)との過去の出来事や、シングルマザーの恋人・奈美恵(阿部純子)との未来など、目をそらし続けていた現実に向き合っていく。

 映像は、水泳教室の見学に来たつもりが、急きょ体験することになった小鳥遊が、あまりのプレッシャーからか腹痛におそわれ、トイレから戻ったシーンから始まる。

 顔面蒼白で「あの、すみません」と手を挙げ、そのまま家に帰ろうとするが、静香コーチは、その言葉をさえぎるように「水の中に入りましょう」と、自らドボンとプールの中へ。

 「あ…でも、準備運動が、ま、まだですし…」 「こ、心の準備はもっとまだで…」 「(トイレから出て)あ、手を洗うのを忘れてた」などと、その場から立ち去るための言い訳を次々に並べる小鳥遊だが、「つべこべ言わない!!!」と、静香コーチに一蹴される。水で顔を洗うことすら恐怖感を持つ小鳥遊にとって、一世一代の大ピンチだ。

 同じ水泳教室に通う主婦たちからも、手を引かれ、早く早くと促されるが、なかなか決心がつかない。まずはそ~っと足を水面に入れようとするが、「温泉じゃないんだから」と突っ込まれ、主婦たちの苛立ちがピークに! 最後には「もう見てらんない!」と愛の鞭のごとく背中を押され落水する小鳥遊。「危ないじゃないか~っ!」と激高する姿から、水恐怖症の深刻具合が見て取れる。

 陸よりも水中の方が生きやすいという静香を演じるにあたり、クランクインの前から水泳の練習をし、撮影中も、出番が終わった後にも練習を欠かさなかった綾瀬。時には鬼の形相で檄(げき)を飛ばし、時には子どもをあやすように優しく、天使のような笑顔で励ます、綾瀬の熱血コーチぶりも見どころだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ