プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“タブーと戦うテレビ番組”『BAZOOKA!!!』話題の格闘家・平本蓮を加えてついに復活!【MCインタビュー】

ABEMA『BAZOOKA!!!』レギュラー(前列左から)小籔千豊、くっきー!(後列左から)中嶋イッキュウ、平本蓮 (C)ORICON NewS inc.の画像

ABEMA『BAZOOKA!!!』レギュラー(前列左から)小籔千豊、くっきー!(後列左から)中嶋イッキュウ、平本蓮 (C)ORICON NewS inc.

 「自由を愛する大人のためのテレビ」をモットーに、2011年から19年まで「BSスカパー!」で放送された社会派ドキュメントバラエティー『BAZOOKA!!!』が、6月4日にABMEAで3年ぶりに復活した(毎週土曜 後11:00)。MCは小籔千豊、くっきー!(野性爆弾)、中嶋イッキュウ(tricot)が継続し、本番組のコンセプトに興味を持った俳優の水原希子と、唯一無二の存在感で注目を集める格闘家・平本蓮が新たに参戦する。

【番組カット】“バズーカの洗礼”とは…新たな一面を見せる平本蓮

 地上波では扱えない際どいテーマを多数取り上げ、社会現象にもなった人気企画「高校生RAP選手権」を生み出すなど、カルト的な支持を集めてきた『BAZOOKA!!!』。放送局を変えて復活というミラクルな展開は、まさにこの番組らしさといえる。ORICON NEWSでは、復活を喜ぶMC陣に収録後にインタビューを敢行(水原はスケジュールの都合で不在)。新生『BAZOOKA!!!』は、なにを目指しどこへ向かうのか。

■くっきー!「局をまたいだ復活は、メチャメチャ見てたエロ本が、別の家で見つかった感覚(笑)」

 まずは、継続した3人に復活の喜びを聞いてみた。

【小籔】局をまたいで、同じ番組が同じスタッフで復活するなんて普通はありえないことなので、最初に聞いたときはビックリしました。業界人が近寄ってきて、僕の耳元でささやくことのランキング上位は「BAZOOKA!!!見てました」ですし、復活を待っててくれたお客さんの存在も知っていたし。何よりこの番組のスタッフとは仲良しで、番組が終わってもシンガポールに旅行していたので、いろんな意味でうれしいですね。復活が決まったときも僕のYouTubeに「BAZOOKA!!!復活ですか!」ってコメントがけっこう来ました。

【くっきー!】僕もうれしかったです。局をまたいで復活ってのが、ホンマにスゴいと思って、メチャメチャ見てたエロ本が、別の家で見つかったみたいな感覚というか(笑)。うれしかったですね、興奮度がMAXで。局は変わったけど、以前の“クルー”と同じ方が多いので、「ただいま」という感じで、温かいオレンジ色に包まれているというか、穏やかな気持ちになれました。

【イッキュウ】私は『BAZOOKA!!!』が終わってメチャメチャ悲しかったんです。小籔さんとくっきー!さんとバンド「ジェニーハイ」だけが残って活動しているのですが、もともと『BAZOOKA!!!』の知名度を上げるために組んだバンドだったんです。番組が終わってからも活動は続いて、いろんなことを経験できたので番組のみんなで喜びたかったのですが、会えないのがすごく寂しくて。ジェニーハイの取材でも、これからの夢を聞かれたときに「『BAZOOKA!!!』復活です!」と言っていたので、復活が決まってメチャメチャうれしかったです。

【小籔】イッキュウさんはホンマにずっと言ってて、取材以外でも「また番組できないんですかね?」って話してたり。そもそもジェニーハイの1曲目の歌い出しに“BAZOOKA”って入ってますから。

 今回から新レギュラーとなった平本も、『BAZOOKA!!!』には熱い思いを持っている。

【平本】高校生の頃にドンピシャで“高ラ(高校生RAP選手権)”を見てたし、KIDさん(山本KID徳郁)とか格闘家も出ていたので、「いつか『BAZOOKA!!!』に出たい」ってずっと思ってました。レギュラーとして1発目の仕事が、スタジオ収録じゃなくていきなりロケで、内容もかなりぶっ飛んでいたので、「この扱いをしてくれるんだ」ってうれしいというか気合いが入りました。こういう番組で格闘家ってつまらない扱いというか、丁寧に扱われすぎて使いきれてないというか、出たところで意味がないことが多いんです。格闘家も「次の試合頑張ります」くらいのゴミみたいなことしか言わないから。自分はやるんだったらイキきろうと思ってたので、楽しいッスね。これからもイキきってやりますよ。

 メインMCの小籔の横に座る新レギュラーの水原について、小籔はすでに安心感を抱いている。

【小籔】いろんな意見をしっかりお持ちの売れっ子モデルで、インスタの化け物、それにかわいらしくて最強です。僕としては、横にいる人は強いメッセージを持って、僕と違う種類の人のほうがいいと思っていて、まさにピッタリ。キコキコ(水原)もレンレン(平本)も、柔和でみんなと仲良くする気満々なタイプで良かったです。「俺はスタイル崩さないぜ」「私はこうありたい」だったら、鬱陶しいじゃないですか。新レギュラーの2人ともこっちに近寄ろうとしてくれる感じがあるので、優しいなと。ぶっ飛んでるスタッフですけど、キャスティングはバッチリです。

■“高ラ”リアル世代の平本蓮「地元の足立区に社会現象が起きていた」

 『BAZOOKA!!!』といえば音楽企画が際立っており、「高校生RAP選手権」は16回も開催され、人気グループ・BAD HOPのT-PablowやYZERR、さらにNovel Core、ちゃんみな、Red Eyeら人気ラッパーを輩出。リアルイベントとして日本武道館や幕張メッセで開催されるほど大きな熱を生み、日本のヒップホップの歴史に名を刻んだ。現在23歳の平本蓮は、高校生としてリアルにムーブメントの盛り上がりを目撃していた。

【平本】僕は地元が東京の足立区で、世代というか、みんなYouTubeで“高ラ”のフリースタイルバトルを見てました。中2くらいから高2くらいまで、みんな地元でサイファーをやるくらい、すごく流行(はや)ってたんですよ。当時僕はもう格闘家としてデビューしていたので、しょっちゅうそいつらの溜まってるところに行って「お前ら仕事しろよ」って言ってました(笑)。本当にみんな見ていて足立区に社会現象が起きていたし、“高ラ”があったから『フリースタイルダンジョン』とかもできたわけで。だから、僕が『BAZOOKA!!!』の新レギュラーに決まったって知ったら、地元の友だちがみんな驚きますよ。

 復活する『BAZOOKA!!!』でも、「第17回 高校生RAP選手権」の開催も決定している。第1回から見守ってきた小籔は、どんな大会を期待しているのか。

【小籔】あの大会出身のちゃんみなちゃんとジェニーハイでコラボしたり、BAD HOPのお二人と仕事の現場で会ったり、僕と地元が同じRed Eyeくんもいろんなジャンルで活躍したり、「高校生RAP選手権」に意味があったと思っていたので、もう1回そういうムーブメントが起きて、レンレンのような若者に楽しく見てもらえたらうれしいなと。
あの大会の会場って、お客さんが僕を見ないでラッパーの子たちをずっと見ているんですよ。オッサンとして、若者が頑張ってるのをお手伝いさせてもらってる感じがあって、いい仕事ができていたと思っています。

 リアル世代の平本は、真逆のベクトルの音楽イベントを提案した。

【平本】僕はロックが好きなので、若いラッパーの甲子園とは真逆に、昔ロックミュージシャンに憧れて、途中で挫折したオッサンたちのバンド大会とか見たいですね(笑)。挫折した元バンドキッズのアフター甲子園みたいな。

【イッキュウ】うわー、泣けそうですね(笑)。

【くっきー!】ハゲてるのにロン毛のオッサンとか出てきて(笑)。

■“企画モノ”を超えた本格バンド・ジェニーハイ イッキュウ「裏側も紹介したい」

 『BAZOOKA!!!』のもう一つの大ヒット音楽企画といえば、小籔、くっきー!、イッキュウ、さらに現代音楽家の新垣隆、ゲスの極み乙女。の川谷絵音による5人組バンド・ジェニーハイだ。もともとは番組を盛り上げるために結成されたが、対バンツアーなどのライブを経て、その音楽的クオリティーの高さ、個性派メンバーによるバンドのカラーや世界観が伝わると、“企画モノ”としてではなく、奇才たちのバンドの音楽そのものにファンが集まった。番組終了後も活動は継続し、多数の音楽番組や大型フェスに出演、全国ツアーも成功させた。

【イッキュウ】「いつかはMステやフェスに出たい」と言ってましたが、夢物語にならずに本当に出ることができて、我ながらスゴいなと思ってます。以前の『BAZOOKA!!!』では活動の裏側に密着していただいたので、新しい『BAZOOKA!!!』でもバンドの裏側も紹介して、もっと好きになってくれる人が増えてくれたらうれしいです。

【くっきー!】小籔さんはバンドメンバーですけど、芸人として絡んでる方が長いので“お兄ちゃん”って感じです。ジェニーハイでも後ろで「お兄ちゃんがドラムを叩いてる」って安心感があります。

【小籔】僕は弟と感じたことないですけど(笑)。ただ、音楽活動してるところにくっきー!がおるから、「俺、芸人やわ」という現実世界に戻されるというか、バランスを取るためにおってくれて良かったです。P(川谷)とイッキュウさんとガッキー(新垣)と同じ車に乗ってフェスに向かってるときとか、「これなんやねん」って思うこともあります(笑)。

【イッキュウ】私がもう一つのバンドのtricotとして小籔さんのラジオに出させていただいたときに、「ちょっと照れますね」と言ってくれたんです。バンドメンバーだからこそ違う場で会うと照れるので、そう言ってもらってすごくうれしかったですね。

【小籔】コロナも落ち着いてきたら、『BAZOOKA!!!フェス』みたいなイベントをやりたいですね。ジェニーハイがライブして、ちゃんみなやBAD HOPなど番組にゆかりのあるアーティストに出てもらったり、「ヤンチャな女のど自慢」ブースとか、(第2回で特集する)「腹イキ」のブースがあったり…。ABEMAで番組を放送して、オフラインでイベントをやって、見てくれている人にいろいろ面白いなと思っていただきたいです。

■小籔「どんなエッジの効かせ方をするのか、スタッフに期待しています」

 『BAZOOKA!!!』といえば、未確認生物や陰謀、洗脳、不良、宗教、下ネタ、怪談、タトゥーなどなど、地上波では扱えない際どいテーマを取り扱い、カルト的な人気を誇ってきた。今回復活するにあたり、レギュラーメンバーにまたやってみたい企画を聞いてみた。

【平本】僕は「お化けの出てこないリアル怖い話」がスゲー好きだったので、あれを聞きたいですね。あと、KIDさんが怒った闘犬家のおじさんに僕が格闘技を教えに行くとか(笑)。

【小籔】あのオッサン、ええ根性してたもんな(笑)。僕は「地下クイズ王」とか、どんな企画も面白かったし、いろいろ考えてくれるスタッフに基本的にお任せで楽しみたいです。

【くっきー!】僕が一番印象に残っているのが、(カルトカルチャーサイト)「トカナ」編集長の角由紀子さんと一緒に幽体離脱する機械を付けて、その状態でセックスする“チャネリングFUCK”だったので、もう1回やりたいですね(笑)。前回は股ぐらに顔面を突っ込んだところで終わったので、続きをやりたいなと。

【イッキュウ】陰謀論とか、歴史に残る殺人鬼の紹介とか、現実離れしてて普段聞く機会がないから面白かったです。

 しかし、イッキュウには心配事もあるようで……。

【イッキュウ】初回の収録が終わってから、ビクビクしてるんです。レンレンの初回ロケが、練習中に急にスタッフが来て「今からロケに行くよ」ってガチで連れて行かれたので。私もいきなりロケに連れて行かれるのかもって思って、音楽のスタジオに行くのとかも怖いです(笑)。

【くっきー!】ロケの引っ張り出し方が古いんですよ、昭和のやり方(笑)。

 最後に、改めて小籔に番組復活への思いを聞いた。放送のなかった3年間で、社会やメディアを取り巻く環境が急速に変わり、マイノリティーや個性を尊重する『BAZOOKA!!!』の価値観が広まってきた今、なにを伝えていきたいのか。

【小籔】テレビの流れとかは僕はよくわからないですけど、『BAZOOKA!!!』がやっていたようなことを他の番組でやられてたり、『BAZOOKA!!!』っぽい切り口の企画を見ることもあったので、オリジナルとしてまた先を行くような番組になっていったらいいなと。どんなエッジの効かせ方をするのか、スタッフの方に期待しています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ