プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

塚地武雅がラジオパーソナリティ役 The SongbardsのMVからスピンオフドラマ

The Songbardsの新曲「ダフネ」ミュージックビデオから生まれたスピンオフドラマ『青年と弱気なパーソナリティ』塚地武雅、中島広稀が出演の画像

The Songbardsの新曲「ダフネ」ミュージックビデオから生まれたスピンオフドラマ『青年と弱気なパーソナリティ』塚地武雅、中島広稀が出演

 4人組ロックバンド・The Songbardsが先日発表した新曲「ダフネ」のミュージックビデオ(MV)から、スピンオフドラマが誕生。各作品が連動した三部作の最終章となるフルアルバム『Grow Old With Us』(6月29日発売)に付属するDVDに収録されることが決定した。

【動画】MV「ダフネ」 スピンオフドラマ『青年と弱気なパーソナリティ』予告編

 「ダフネ」は、同アルバムのリード楽曲。MVは、俳優の中川大志が主演、中島広稀、塚地武雅(ドランクドラゴ ン)らが共演し、MVという枠にとどまらない、1本のドラマのような仕上がりで反響を呼んだ。

 スピンオフドラマのタイトルは『青年と弱気なパーソナリティ』。MVから引き続き、塚地がラジオパーソナリティ・百田祐希、中島はMVとは異なる大森敬太役で出演する。大森敬太は、MVで中島が演じた大森敬斗の双子の弟、という設定。MVでは不明だった中島の役どころの秘密も明かされる。監督・脚本は、「ダフネ」MVと同じ、現役大学生でありながら、国民的テレビドラマや映画の制作現場に携わってきた学生監督・谷口雄哉。

 TBSラジオ全面協力のもと撮影されたスピンオフドラマは、双子の兄を持つ敬太がラジオ局に転職したことをきっかけに、憧れのラジオパーソナリティー・百田と出会い、偶然とも必然とも言える共通の経験をたどりながら、それぞれの生き方を見つめ直す、美しいヒューマンドラマとなっている。

 スピンオフドラマのみでも楽しめ、さらに「ダフネ」MVをより深く味わうことのできる内容となっている。フルアルバム『Grow Old With Us』のメッセージ性ともリンクした完成度の高い短編作品となっている。

■塚地武雅のコメント

 「ダフネ」という曲の世界観と物語が綺麗にリンクすれば良いなと思いながら演じさせてもらいました。今回はラジオのDJという役どころでしたが、言葉を扱う仕事だからこそ言える言葉がある、という点がどこか歌とも近いのかなと思っています。表向きは明るい性格ですが、実は暗いというON/OFF がはっきり分かれているキャラクターなので、見分けていただくとより面白いかなと思います。

■中島広稀のコメント

 撮影現場はリラックスした雰囲気でしたので楽しみながらお芝居に集中出来ました。撮影前から「ダフネ」を流して挑んでいた数日間だったので、撮影が終わってからも頭から離れませんでした。「ダフネ」のMVとスピンオフドラマの両方を見てよりこの世界観を楽しんでいただけると思います。是非ご覧下さい。

■谷口雄哉監督コメント

 「深夜25時」。僕は毎日この深夜25時に予定があります。それは、深夜ラジオを聴くことです。深夜25時はそんなリスナーにしか存在しない聖地です。きっと、この深夜25時に救われている人はたくさんいると思います。本作は、そんな深夜ラジオの終わりと共に一歩なにかを踏み出す人々の物語です。今回は塚地武雅さんと中島広稀さんとご一緒させていただきました。お二人の暖かいお芝居に撮影中幾度も涙をこらえる瞬間がありました。本当に、ラジオは最高です。是非ご覧下さい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ