プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

あざと連ドラ第5弾は“超大作” ラランド・サーヤ「も~ヤバいよ!」 DJ松永「チャラいって!」

5日放送の『あざとくて何が悪いの?』に出演する(左から)DJ松永、サーヤ(C)テレビ朝日の画像

5日放送の『あざとくて何が悪いの?』に出演する(左から)DJ松永、サーヤ(C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、フリーアナウンサーの田中みな実、テレビ朝日の弘中綾香アナがMCを務めるバラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系、毎週日曜 後11:55)。きょう5日の放送では、待望の「あざと連ドラ」第5弾がスタートし、ゲストのDJ松永(Creepy Nuts)、ラランド・サーヤも釘づけになる。

【番組カット】『あざと連ドラ』に夢中になるスタジオMC3人

 「あざと連ドラ」第5弾のタイトルは『東京であざとく頑張って何が悪いの?~上京ガールの成長日記~』で、あざとさに憧れる地方出身の花(片山友希)が大手広告代理店に就職するため上京し、東京のあざとい男女にもまれながら成長していくストーリー。

 注目の演技派女優・片山を中心に、本格演技に初挑戦する藤吉夏鈴(櫻坂46)、大峰ユリホ、さらには池田匡志、兵頭功海、堀夏喜(FANTASTICS from EXILE TRIBE)、井上想良らネクストブレイク候補が集結し、シリーズ史上最長の“超大作ドラマ”となる。

 第1話では、出社初日を迎えた花が同期No.1美女のエミリ(大峰)ら洗練された東京組に圧倒される一方、東京組のクールな愛香(藤吉)&地方組の素朴な晃(池田)と意気投合。そんな花にいきなり、東京組ダントツの純正モテ男・祐希(堀)がグイグイ接近してきて…。

 早くも波乱の予感が押し寄せる第1話に、スタジオメンバーも夢中。広告代理店で勤務経験があるサーヤは初期設定を聞くや、「代理店! も~ヤバいよ!」と本気で心配。一方、松永も東京組の男たちのイケイケな言動に「チャラくない? チャラいって!」と声を荒らげる。花と遠距離恋愛中の彼氏・健太郎(兵頭)の発言も物議を呼び、スタジオの議論はどんどん白熱、キャラクターたちの深層心理分析で盛り上がる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ