プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキング、TOP10発表

『X-ファイル』(1993-2002)提供:Mark Seliger/FOX/ロイター/アフロの画像

『X-ファイル』(1993-2002)提供:Mark Seliger/FOX/ロイター/アフロ

 ORICON NEWSでは、You Tubeの公式チャンネルにて『未来に語り継ぎたい90年代海外ドラマランキングTOP10』を発表。オリコン・モニターリサーチ会員の中から30代~60代を対象にアンケート(インタネット調査)を実施。2895人の回答を集計した結果、『X-ファイル』を挙げた人が最も多く1位、それもダントツだった。

【動画】よしひろまさみちが丁寧に解説 90年代海外ドラマ&最新ドラマも

 You Tubeで公開中の動画には、プレゼンターとしておかずクラブのゆいP、俳優の大野拓朗(リモート)、90年代海外ドラマにも精通する映画ライターのよしひろまさみち氏が出演。90年代にNHKで大量に放送していた子ども向け海外ドラマを見ていたと言うゆいP。大野がニューヨーク留学中に語学学校の先生などから聞いた“米国のドラマ事情”などを披露しつつ、よしひろ氏がランクインしたドラマについて、丁寧に解説する。放送当時の盛り上がりや、主人公を含む主要メンバーがシーズンの途中で降板してしまうこともざらにある“海外ドラマあるある”エピソードなども紹介。このランキングをきっかけに、懐かしくも色あせない、90年代海外ドラマの魅力を再発見してほしい。

■1位:X-ファイル (1993~2002年)

 1993 年から2002年にかけてシーズン9まで放送され、2016、18年にも続編が制作され、全11シーズン。劇場版も2作品公開された。アメリカ連邦捜査局に極秘に保管されているX-ファイルと呼ばれる未解決事件ファイル。ダナ・スカリー捜査官はFBIのとある弱小セクション、X-ファイル課に転属を命じられる。そこで彼女が出会ったのは優秀だが、オカルトに入れ込んでいるフォックス・モルダー捜査官だった。

 二人は反発しあいつつも協力して、UFOなど科学では説明の付かない数々の超常現象的な難事件解決に奮闘していく。モルダー捜査官は、幼い頃に妹サマンサを宇宙人に誘拐されており、「妹探し」がシリーズ全体を通してのテーマとなっているが、基本的には、毎回ひとつの事件に取り組むという1話完結型の展開で進む。地上波放送時の日本版の主題歌は、B’zの「LOVE PHANTOM」だった。

***
 「子供の頃は怖くて直視出来ないことも少なくありませんでしたが、小学校でも大人気でした。X-ファイルを観れたらカッコいい!みたいな位置付けで、ある意味憧れの作品でした。今となってはありきたりなミステリーかも知れませんが、ミステリードラマの金字塔と言っても過言ではないと思います」(大阪府、30代、女性)

 「まだ科学的に証明されていない謎が多かった時代、人間の想像力が豊かだった時代の産物だと思うので、『あるわけない』を楽しんで欲しい」(千葉県、40代、女性)

 「地上波のテレビでゴールデンタイムにこれを放送していたということを知らないと思うのでそこらへんは語り継ぎたいなと思います」(埼玉県、40代、男性)

 「モルダーやスカリーの不屈の精神を見習いたい。不思議なことがいろいろある世界も受け入れたい」(大阪府、60代、女性)

 「今放送されるドラマの原型がたくさんあり、見ていて飽きない」(東京都、60代、男性)

■2位:ER緊急救命室 (1994~2009年)

 1994年に放送スタート。シカゴのカウンティ総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師や看護婦たちの公私にわたる生活や人間関係をリアルに描いて多くのファンを獲得。15年ものロングランヒットを記録した。日本では、NHKで1996年4月からシーズン15までの全シリーズを放送。

***
 「救急医療現場の緊迫感・臨場感にリアリティがあった。その一方で、現場や家族の人間関係もこまやかに描かれていて見どころ満点のドラマ。毎週次回の放送を楽しみにしていた」(広島県、60代、女性)

 「医療現場の再現が凄くて驚いたこととキャストが成長していく様が、時に共感し時に一緒に泣けるドラマだった。このドラマから有名になったジョージ・クルーニーや『トップガン』のアンソニー・エドワーズなどの演技も秀逸。生放送まであったことに今も驚きを隠せない名作です」(鳥取、50代、女性)

 「日本の多くの医療ドラマに影響を与えた名作。リアルさは他の追随を許さなかった」(京都府、50代、男性)

 「このドラマでERの存在を知りましたし、緊張感が凄かった」(福岡県、40代、男性)

 「死生観、人生観、宗教、民族、人種差別、階級、日本とは違う多様性とか歴史とかドラマを通じて考えさせられる事が多かった」(神奈川県、50代、女性)

 「医者だって悩む 恋する 失敗する。それぞれをリアルに表現している。」(福岡県、60代、女性)

■3位:ビバリーヒルズ高校白書(ビバリーヒルズ青春白書)(1990~2000年)

 世界一セレブが集まるビバリーヒルズに引っ越してきた、双子の兄妹ブランドンとブレンダ。ウエスト・ビバリーヒルズ高校に編入した2人が出会うのは、お嬢さまのケリーとドナ、お坊ちゃまのスティーブ、1つ年下のデビッド、 才女のアンドレア、そして不良生徒のディラン。ラブとセックス、アルコールやドラッグなど、時に難しい問題も取り上げながら、それらにきちんと向き合う恋と青春の群像ストーリー。シーズン10まで続き、主人公たちが高校を卒業したシーズン4から『ビバリーヒルズ青春白書』のタイトルに変更となった。

***
 「ビバヒル! 社会人になってから観ました。こんな高校生活してみたかった!という憧れと、高校生なのにドロドロしすぎだろ~という展開が最高だったし、何よりビバリーヒルズというシチュエーションが学園ドラマでありながら非日常的だった。登場人物もみんなどこか欠けていながらも抜群に魅力的。2回目の青春を、ドラマを通して存分に楽しみました」(埼玉県、50代、女性)

 「いわゆる学生生活に起きる恋愛、友情等はもちろん銃、人種差別、ドラッグ等アメリカでの社会問題も取込んでいて当時の様子がわかる。それにしても日本と比べて外見も行動、言動も大人っぽく感じた事を思い出す」(埼玉県、60代、女性)

 「海外の自由さを感じて楽しい! そして青春はどの国で過ごしていても共通するものがあるなという点でも楽しめる」(熊本県、30代、女性)

 「甘酸っぱい青春もの。携帯がないとこうなのか…とわかるはず。」(千葉県、40代、男性)

■4位:ツイン・ピークス(1990~1991年)

 1990年から91年にかけて、ファースト・シーズン7話、セカンド・シーズン22話の全30話が放送され、謎が謎を呼ぶ展開で世界中に中毒患者を生んだ。カナダ国境に近い小さな町ツイン・ピークスで、美しい女子学生の死体が発見される。派遣されたFBI捜査官デイル・クーパーは、事件を捜査するうちに、のどかな田舎町に潜む複雑な人間関係や陰謀を知ることになり、不可思議な現象が起こり始める。

 日本では、1991年4月、WOWOWの開局記念番組として初放送。その後、TBSで地上波放送もされた。最終回でローラ・パーマーがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げ、まさにその“25年後”の世界を描いた新作『ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』が2017年に制作されて、またも謎が謎を呼んだ。

***
 「ツイン・ピークスの世界観がとにかく素晴らしい。アメリカの田舎の少し閉鎖的な感じと、オープニングの音楽。世界一美しい死体と言われたローラを取り巻く人々。カイルマクラクランの演技も素晴らしく、当時はチェリーパイにハマりました」(埼玉県、40代、女性)

 「海外ドラマという存在をはじめて知ったのはツイン・ピークスでした。国内ドラマと全然違う雰囲気にびっくりしました」(東京都、50代、男性)

 「とにかく異色でした。意味がわからないシーンが多いのに何故か観てしまう魅力があったと思います」(新潟県、40代、女性)

■5位:セックス・アンド・ザ・シティ(1998~2004年)

 シーズン6まで放送され、その人気は社会現象となり、放送終了後も世界中で幾度となく再放送され、続編を望む声に応えて2008年と10年に映画化もされた。セックスに関する鋭い考察で人気の女性コラムニスト・キャリー、弁護士のミランダ、アートギャラリーのディーラー・シャーロット、PR会社の重役・サマンサ。ニューヨークで生活する30代女性たちの友情と、傷つきながらも、それぞれの幸せや理想を追い求めていく姿をファッショナブルに描き、世界中の女性たちの心を掴んだ。昨年、サマンサ(演:キム・キャトラル)以外のオリジナルキャストが復帰して、50代を迎えた3人の姿を描いた新章が制作されて話題になった。

***
 「働き盛りの女性たちの赤裸々な恋愛模様が華やかに冷ややかに描かれている。スマスマでSMAPがパロディコントをしたのには笑いました」(愛知県、30代、女性)

 「海外と日本の価値観の違いを知ることができる。失敗してもカッコ悪くても自分らしく生きているキャラクター達に励まされる」(兵庫県、40代、女性)

 「男女の恋愛、女同士の友情、夫婦の在り方などすべてにおいてバイブルとなるドラマだと思う」(大阪府、50代、女性)

 「主要キャラ4人の個性あふれるファッションを鑑賞するだけで楽しい」(福岡県、40代、女性)

■6位:フレンズ(1994~2004年)

 ニューヨークで共同生活を送る男女6人組の日常や恋愛を描いたコメディ。1994年から2004年にかけて、シーズン10まで放送。昨年17年ぶりにおなじみのキャスト6人全員が集まった同窓会スペシャル番組『フレンズ:ザ・リユニオン』が配信された。

■7位:スター・トレック: ヴォイジャー(1995~2001年)

 「スター・トレック」シリーズ第4弾。初の女性艦長が話題となったSFドラマ。この2年前から放映されていた『スター・トレック ディープ・スペース・ナイン(DS9)』と並行して放映された。遠い故郷を目指す冒険旅行というシンプルな設定の1話完結の明解なストーリー。全ての司令官の中でも最高のリーダーの一人と評判の高いジェインウェイが、女性ならではの細やかな愛情で苦境のクルーたちを導いていく理想のリーダー像を示したことも特筆すべき特徴。シリーズの原点に立ち返った誰もが気軽に楽しめるエンターテイメント作品となっている。

■8位:アリー my Love(1997~2002年)

 日本ではNHKでの放送やビデオリリースで人気となった恋愛コメディ。ボストンを舞台に、キャリスタ・フロックハート演じるハーバード大卒のエリート女性弁護士アリー・マクビールが、幸せな結婚を夢見ながらもキャリアに邁進する姿を描いた作品。

■9位:スター・トレック: ディープ・スペース・ナイン(1993~1999年)

 シリーズ第3弾。それまでの宇宙船を舞台とした1話完結型のストーリーとは異なり、宇宙ステーション“ディープ・スペース・ナイン(DS9)”を中心に多くのキャラクターの人生模様をじっくりと描いた大河ドラマ形式となっている。全7シーズンの後半には、ドミニオン戦争という大宇宙戦争が展開され、物語は空前のスケールに成長していく。文字通りのSF大作で、「スター・トレック」シリーズの中でも異色の作品として人気を博した。

■10位:ロズウェル – 星の恋人たち(1999~2002年)

 1947年7月にアメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近に何かが墜落し、米軍が「空飛ぶ円盤」を回収したと発表がその後、発表を撤回したことで、今も真相がわからないロズウェル事件をベースに展開するSFロマンチックミステリー。ニューメキシコ州ロズウェルの高校に通うヒロインのリズは、クラスメイトのマックスと恋に落ちるが、彼はFBIが追っているという、人間になりすましたエイリアンだった…。

【調査概要】
集計期間:2022年5月2日(月)~5月9日(月)
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員30代~60代)
サンプル数:回答者全体2895名
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ