プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“和泉”芳根京子にまさか元カレ? 気が気でない“康介”山田涼介が悪循環に… 『俺かわ』第8話あらすじ

4日放送『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第8話より(C)テレビ朝日の画像

4日放送『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』第8話より(C)テレビ朝日

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、テレビ朝日系オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(毎週土曜 後11:30)。きょう4日放送の第8話では緊急事態が発生、康介と和泉にまさか破局の危機が訪れる。

【写真】キュン! デートでかわいらしい私服姿を披露した“和泉”芳根京子

 山田が本格ラブコメに初挑戦する今作は、『かわいい』を武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介(山田)と、26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉(芳根京子)というキュンすることが難しい不器用な2人の遅すぎる初恋を描く。ヒミツの社内恋愛も順調、実家で初めてのお泊まりなど、ハッピーエンドまっしぐらの中、いよいよ最終章に突入していくが――。

 第8話では、いまだに和泉のことを“真田さん”と呼び、なかなか名前で呼べない初々しい康介の前に、新たな恋のライバルになりそうなイケメン人事コンサルタント・山城大和(森崎ウィン)が登場。大和は和泉を親しげに“和泉”と呼び捨てにし、「友だち? 幼なじみ? まさかの元カレ?」と、康介は気になり過ぎて仕事に身が入らない。しかも、自分の誘いを断った和泉が大和と歩いているところを目撃してしまう。

 康介は勇気を出し、和泉に大和との関係を聞くが、和泉の口は重く、ラブラブモード全開だった2人に暗雲が立ち込める。さらに売り言葉に買い言葉で、康介は秘密にしていたおっさん(古田新太)のことを和泉から問い詰められてしまい、信頼関係に揺らぐ事態に。はたして、和泉がひた隠しにする大和との関係とは? そして、康介は和泉に秘密を打ち明けるのか…。

■第8話あらすじ
弥生ビールの営業マン・丸谷康介(山田涼介)と真田和泉(芳根京子)は、ドキドキの社内恋愛まっさい中。お互いの呼び方を変えようと相談するなど、ラブラブモード全開の2人だが、ふと我に返った康介は「もし明日突然、俺の“可愛い”が終わってしまったらどうなるんだろう…」と不安を感じ、せめてもう少しだけでもこのままでいられたらと願う。

翌朝、出社した康介は、和泉がスーツ姿の見知らぬ男から「和泉!」と親しげに呼び捨てにされているところを目撃。康介が動揺していると、営業部のメンバーが集められ、会社の組織改革が行われることが発表される。そのためやってきた人事コンサルタント・山城大和(森崎ウィン)が説明を始めるが、この人物はさっき和泉を呼び捨てにしていた男だった。

和泉と大和がどういう関係なのか、康介は気になり過ぎて会社の一大事なのに話に集中できない。そこで康介は和泉を食事に誘うが、先約があると断られてしまう。さらに、モヤモヤしたまま会社を出た康介は、並んで歩く和泉と大和を見かけ、その後も大和の話題に関して口の重い和泉との間に微妙な空気が流れ始める。そのうえ、売り言葉に買い言葉で、和泉も康介が秘密にしていたことを問い詰め、ここにきて順風満帆だった2人の関係にヒビが…?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ