プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

“ウルトラマン”古谷敏、光の巨人ならではの苦悩 「同じ背丈はつらい」にせウルトラマン戦のチョップ秘話も

光の巨人ならではの苦悩を語った古谷敏 (C)ORICON NewS inc.の画像

光の巨人ならではの苦悩を語った古谷敏 (C)ORICON NewS inc.

 『ウルトラマン』でウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏(78)が3日、都内で行われた庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映のトークショーに参加した。

【動画】初代ウルトラマンスーツアクター・古谷敏、『シン・ウルトラマン』への思いを語る

 この企画は、庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)のヒットを記念しての上映。この上映イベントでは、本作の企画・脚本を務める庵野氏が、『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソードを、映画館の巨大スクリーンおよび迫力の4K映像でお楽しめる、ファン垂涎の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野秀明セレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

 第18話「遊星から来た兄弟」は『シン・ウルトラマン』でも登場したザラブ星人との戦いが描かれる。“チョップで痛がるウルトラマン”というシーンついて、古谷は「ただただ痛かったです」と苦笑い。寸止めを狙ったが、あまり組まない相手役だったこともあり、強化FRPを全力でチョップ。強化FRPが粉々に砕け散ったところまで見えるシーンとなっている。「人間的な動きはダメだよ」という注意を受けた直後に起きてしまったそうで「完璧なNG。でも、頑なに高野(宏一)さんが出しました」と秘話を語った。

また、にせウルトラマンと対峙したことで「この感じだと僕のウルトラマンは違う。ウルトラマン役は他の人にやらせてはいけないんだと感じました。覚悟を決めました」と当時の心境を思い返していた。

 また、第28話「人間標本5・6」ではダダと相まみえる。珍しい等身大のウルトラマンも登場するが、古谷は「嫌でしたね。ほかの人に等身大を見られるのはつらい。セットなら見慣れている連中ばっかりなんで、等身大は当たり前のこと。外に出た時に(ハヤタ隊員役の)黒部(進)さんと同じ背丈でウロウロしているのはつらかったですね」と“光の巨人”ならではの悩みを口にしていた。

 4K特別上映では、そのほか第26話「怪獣殿下(前篇)」、第34話「空の贈り物」が上映される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ