プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

古谷敏、庵野秀明セレクション『ウルトラマン』の“美しくやられていく様”に苦笑い「あんまりやられないんですけど」

『ウルトラマン』の“美しくやられていく様”に苦笑した古谷敏 (C)ORICON NewS inc.の画像

『ウルトラマン』の“美しくやられていく様”に苦笑した古谷敏 (C)ORICON NewS inc.

 『ウルトラマン』でウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏(78)が3日、都内で行われた庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映のトークショーに参加した。

【動画】古谷敏、“チョップで痛がるウルトラマン”名シーンの裏話を告白

 この企画は、庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)のヒットを記念しての上映。この上映イベントでは、本作の企画・脚本を務める庵野氏が、『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソードを、映画館の巨大スクリーンおよび迫力の4K映像でお楽しめる、ファン垂涎の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野秀明セレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

 第26話「怪獣殿下(前篇)」を選んだ庵野氏は、その理由について「M-4T2曲が流れカラータイマーの点滅音が響く中、ウルトラマンが美しくやられていく様が、4K大画面に映えるかと思い選びました」と説明していた。

 古谷は「ウルトラマンがやられっ放し。どうしようもない。そんな印象。後篇には、カッコいいウルトラマンになるという設定」と前後篇に分かれたシリーズの前篇だけの上映に戸惑い。庵野氏の「ウルトラマンが美しくやられていく様が、4K大画面に映えるかと思い」というコメントが読み上げられると、古谷は「あんまりやられないんですけどね」と苦笑い。それでも「『美しくやれれる様』という言葉はいいですね。ゴモラはカッコいいし、強かったし、重たかった。中に入っている方も同僚でよくしゃべった。息は合ったんで、いい作品だと思う」と納得していた。

 また、“やられ方”についてもトーク。『ゴジラ』シリーズのゴジラのスーツアクターで知られる中島春雄さんから教えを受けたそう。「中島春雄先輩がネロンガ(第3話「科特隊出撃せよ」)で僕と戦ってくれたときに教えてくれたんです。『美しく投げられろ。美しく投げろ。これが基本だよ』と。それが生きてると思う」と懐かしんでいた。

 4K特別上映では、「怪獣殿下(前篇)」のほか、第18話「遊星から来た兄弟」、第28話「人間標本5・6」、第34話「空の贈り物」が上映される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ