プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

“ウルトラマン”古谷敏、『シン・ウルトラセブン』に期待 出演に意欲「ワンカットでもやりたい!」

『シン・ウルトラセブン』に期待を示した古谷敏 (C)ORICON NewS inc.の画像

『シン・ウルトラセブン』に期待を示した古谷敏 (C)ORICON NewS inc.

 『ウルトラマン』でウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏(78)が3日、都内で行われた庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映のトークショーに参加した。

【動画】初代ウルトラマンスーツアクター・古谷敏、『シン・ウルトラマン』への思いを語る

 大ヒット中の『シン・ウルトラマン』に古谷は、ウルトラマンCG原型モデル、モーションアクションアクターとして参加した。同作の感想を問われた古谷は「製作者の方からウルトラマン愛をスゴく感じました」としみじみ。

 『シン・ウルトラマン』では古谷の動きを彷彿とさせる動きもあった。古谷自身も「僕の感じだなと、ほくそ笑んでました(笑)。楽しかったです」とにっこり。大絶賛を寄せ「『ウルトラマン』に負けないぐらい何回も観ていただきたい。いろんなことが発見できると思う。5回も6回も見ていただけたら。『シン・ウルトラセブン』なんていう話も出るかもしれない」と呼びかけた。

 古谷は『ウルトラセブン』にはアマギ隊員として顔出しで出演。CGを使わない特撮作品としての次作を期待しながら、準備については「できてますよ。ワンカットでも出たい」と気合十分だった。

 この企画は、庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)のヒットを記念しての上映。上映イベントでは、庵野氏が『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソードを映画館の巨大スクリーンで迫力の4K映像で楽しめ、ファン垂涎(すいぜん)の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野氏のセレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ