プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

三輪記子弁護士、45歳で第2子を出産を報告「今後益々頑張ってまいります!」  

三輪記子弁護士 撮影:植田真紗美の画像

三輪記子弁護士 撮影:植田真紗美

 弁護士でタレントの三輪記子(45)が3日、自身のツイッターを更新し、第2子となる女児を出産したことを報告した。

【写真】7週間前…ふっくらお腹で笑顔を見せた三輪記子弁護士

 ツイッターでは「私ごとではございますが、先日無事に第二子を出産しました」と記し、「逆子だったため今回は帝王切開でした」とも伝えた。前回は無痛分娩だったという。「今後益々頑張ってまいります! 引き続き宜しくお願いいたします」とつづった。

 三輪弁護士は『アッコにおまかせ』や『情報ライブ ミヤネ屋』などに出演。夫は小説『さらば雑司ヶ谷』『民宿雪国』やタレントのタモリについて論じた『タモリ論』などの著書の樋口毅宏氏。2015年6月に結婚し同年秋に第1子が誕生。3月25日に第2子を妊娠し、初夏に出産予定と伝えていた。

 夫の樋口氏もこの日、ツイッターで「45歳の妻、ふたりめを産んでくれました。名前は樋口妹(ひぐち・まい)」と報告。さらに「水道橋博士が命名してくれました」と伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ