プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

マーベル、オーディション結果を本人に伝える瞬間を公開

『ミズ・マーベル』(6月8日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始)(C)2022 Marvelの画像

『ミズ・マーベル』(6月8日午後4時よりディズニープラスにて独占配信開始)(C)2022 Marvel

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて配信されるマーベル・スタジオ最新オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』(6月8日午後4時スタート)より、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)全作品のプロデューサーであるケヴィン・ファイギが、イマン・ヴェラーニにミズ・マーベル役に決定したことを伝えた瞬間の映像が公開された。

【動画】大喜びするイマン・ヴェラーニ

 オンラインミーティング中の1台のパソコンの映像から始まる。ファイギが「イマン、君は最高だった。君がミズ・マーベルのカマラ・カーン役だ。満場一致だよ」と切り出す。その瞬間、「ウソでしょ。ケヴィン・ファイギだよ。頭が追いつかない」とテンション爆上がりのイマン。「ヒーローになっちゃった。最高だよ。言葉では言い表せない。本当に胸がいっぱいなの」と、満面の笑みで喜ぶ彼女のかわいらしい姿を見ることができる。

 そんなイマンが演じる主人公のカマラ・カーン=ミズ・マーベルは、アベンジャーズが大好きで、中でもキャプテン・マーベルに憧れを抱く高校生。彼女は恋や友人関係など、学生ならではの悩みに苦労しており、“ヒーローになったらすべて思い通りになるはず…”と、自身の姿を妄想する日々を過ごしている。

 そんなある時、夢にまで見たヒーローのパワーを手に入れ、“ミズ・マーベル”へと覚醒。イマンはミズ・マーベルについて「カマラは熱意ある高校生なの。家族も恋愛も学校も大変。カマラはパワーを手に入れて、体から光も出るの。パワーもハートも強い」と語り、勉強、恋、ヒーロー活動に全力を注ぐ、新ヒーローの魅力と能力について語っている。

 一方、脚本を手がけたビシャ・K・アリ(代表作『セックス・エデュケーション』)は、「カマラは葛藤を抱えている」と明かすように、妄想の世界とは違い、家庭や学校、社会生活でのさまざまな問題に加え、ヒーローとして最大の脅威に立ち向かわなければならない責任の重さなど、次々と彼女の前に壁が立ちはだかる…。製作総指揮を務めたサナ・アマナットは「(私たちが伝えたいのは)“与えられた力で何をするか”なの」と本作に込めた思いを明かしている。

 ミズ・マーベルはどのように自身と向き合い、ヒーローとして成長していくのか? また、映像には親友の男の子が「世界を救うんだろ? 君ならできる。自分を何者だと?」と落ち込むカマラを励ますシーンがあるが、カマラが人々を守れるヒーローになりたいという強い思いと、力を持った者の責任に葛藤する姿は、まさに“親愛なる隣人”スパイダーマンを思い起こさせる新たな高校生ヒーローの誕生だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ