プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

井上尚弥、ドネアと“2年7ヶ月”ぶり再戦 4団体統一へ「通過点にすぎない」

“2年7ヶ月”ぶりの再戦に挑む(左から)井上尚弥、ノニト・ドネア(C)ORICON NewS inc.の画像

“2年7ヶ月”ぶりの再戦に挑む(左から)井上尚弥、ノニト・ドネア(C)ORICON NewS inc.

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(29)と、フィリピン出身で現WBC世界バンタム級王者のノニト・ドネア(39)が3日、横浜市内のホテルで会見を行い、再戦となる3団体王座統一戦(6月7日/さいたまスーパーアリーナ)に向けての思いを語った。

【動画】「楽しみな日になる」ドネアと再戦直前で静かな闘志を燃やす井上尚弥

 2人は2019年11月に行なわれたWBSS決勝で初対戦。そのときは、井上が12ラウンドの判定3-0でドネアを破り、頂点に立った。この試合で井上の名前は世界にも知れわたり、再戦への期待の声が多く寄せられていた。

 2年7ヶ月ぶりの再戦に向け、井上は「非常にワクワクしている。目の前に3本のベルトが並ぶとよりモチベーションが高まります。どんな戦いになるのか、自分もファンもみんな楽しみにしていると思う」とリスペクトの思いを込めながらも「4団体統一に向けて大事な試合。その目標に向けて通過点にしかすぎない」と語った。

 ドネアも「今は感謝の気持ちでいっぱい。再戦が決まり、その日を迎える。井上が受けてくれたこと、温かく迎えてくれたことすべてに感謝します」とあいさつした上で、「これこそが私のキャリア最大の一戦になる。これに勝ってまだ達成していない4団体統一王者に近づける」と闘志を燃やした。

 井上は、2012年のプロデビュー以来、22戦全勝無敗の日本が誇る世界3階級制覇王者で、現在はWBA世界バンダム級スーパー王者、IBF世界バンダム級王者の2団体のチャンピオンベルトを保持している。今回がWBA7度目、IBF4度目の防衛戦。

 対するドネアは、世界5階級制覇王者のレジェンドで、39歳にしてなおWBC世界バンダム級のベルトを防衛している。“フィリピンの閃光”の名の通り、一撃必殺の強烈な左フックと電光石火のスピードが持ち味のファイターだ。

 試合の模様は、『Prime Video presents Live Boxing』(Prime Video)にて生配信される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ