プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

天野ひろゆき、木梨憲武にムチャぶりされ会見司会 「冗談で持っていた」油絵が展示物に

木梨憲武にムチャぶりされ会見司会となったキャイ~ン・天野ひろゆき (C)ORICON NewS inc.の画像

木梨憲武にムチャぶりされ会見司会となったキャイ~ン・天野ひろゆき (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(60)が3日、東京・上野の森美術館で『木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-』のプレスビューに登場した。

【動画】『木梨憲武展』に展示されたキャイ~ン天野の作品を紹介する木梨憲武

 プレスビューが始まる直前、バックステージで木梨にムチャぶりされて登場したのはキャイ~ンの天野ひろゆきだった。天野は「本人に代わりまして、ごあいさつさせていただきます。なぜ私と思うんですが、フジテレビで『プレミアの巣窟』という番組をやっておりまして、そこで木梨画伯のアトリエにお邪魔したところ冗談で油絵を持っていたら『いいねぇ』と食いついてもらいまして…。私の作品も飾っていただくことになりました」と経緯を説明。

 急きょ、プレスビューを天野が仕切ることになったそうで「それでは登場していただきましょう! 木梨憲武さんです!」と呼び込み、プレスビューがスタートした。木梨は「番組で一緒になったあまのっちの強いメッセージを感じた。感激して飾らせてもらうことになった」と笑う。「お土産用のポストカードは2000枚。僕のよりあまのっちのポストカードの方が多い。売れない場合は、あまのっちが買い取ることになる」と悪い笑顔に。「番組を見ていない人には何かわからないかもしれないですが、このまま続行させていただきます。天野さんの強いメッセージの画も目玉になっておりますので、ぜひご覧ください」と呼びかけていた。

 『木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-』は、木梨自らがすべての会場で展示方法を決め、会場ごとに雰囲気の違う木梨憲武流の美術展。ニューヨークやロンドンでの個展で発表した『OUCHI』や『REACH OUT』シリーズや『木梨憲武展×20years』での人気作まで、絵画だけではなく、ドローイング、映像、オブジェなど自由な発想による作品約200点を展示する。AR(拡張現実)技術を利用して、“木梨ワールド”をより楽しめるコンテンツも。あす4日から26日まで。「2年間、コロナ禍で伸びました。2年間ぐらいで作ったものがプラスαされた展覧会になった」と延期も木梨らしくポジティブにとらえていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ