プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

なにわ男子・高橋恭平、一生貫く“自分大好き” 『ちゃお』読者にアピール「魚がさばけるところとか、ギャップ萌えやない?(笑)」

『ちゃお』7月号に登場したなにわ男子・高橋恭平 (写真)撮影/土山大輔(TRON)の画像

『ちゃお』7月号に登場したなにわ男子・高橋恭平 (写真)撮影/土山大輔(TRON)

 人気グループ・なにわ男子の高橋恭平が、3日発売の少女漫画誌『ちゃお』7月号の巻頭グラビア「僕が12歳だったころ。」に登場した。ちゃお読者と同世代の小学生時代の思い出や当時の夢、そして「自分自身を愛するヒケツ」について語っている。

【写真】ギャップ萌えをアピール!なにわ男子・高橋恭平の『ちゃお』グラビア

 誌面では「僕は自分自身のことが大好き。こんなこと言ったらちゃおっ娘のみんなに引かれるかもしれんけど…(笑)」と語りつつ、「アイドルとしてステージに立つ時も、プライベートでも両方輝きたい。そのための努力はしてるよ。小学校のころもモテるために運動もがんばってたなぁ。今の僕のちゃおっ娘のみんなへのアピールポイントは…魚がさばけるところとか、ギャップ萌えやない?(笑)」と笑顔。

 「僕がこうやって自分を好きだっていうのは、『自分で自分を愛さないと、誰が愛してくれるの?』って思うから。もちろん欠点は誰にでもあるし、あってええと思う。僕にだってある! なかなか自分のことを好きになれない子は、部分的にでも『これをしている時の自分が好き』っていうのを見つけていくとええんちゃうかな」と、ちゃお読者へアドバイスしている。

 「僕は“自分大好き”を一生貫いていくし、これからも毎日ハッピーに生きていきます!」とハッピー感あふれるコメントと共に、クールな写真も見ることができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ