プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

破天荒パンクドキュメンタリー『シェイン』 若い頃のジョニー・デップも見どころ

若かりし頃のジョニー・デップ=ドキュメンタリー映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』(6月3日より全国順次公開) (C)The Gift Film Limited 2020の画像

若かりし頃のジョニー・デップ=ドキュメンタリー映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』(6月3日より全国順次公開) (C)The Gift Film Limited 2020

 アイリッシュ・パンクという一大ジャンルを築き上げた伝説のパンク・バンド「ザ・ポーグズ(THE POGUES)」シェイン・マガウアンの人生に迫るドキュメンタリー映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』が、本日(3日)より全国で順次公開される。この映画の製作を務め、インタビュアーとしても出演しているのが、『パイレーツ・カリビアン』シリーズなどで知られる映画俳優のジョニー・デップだ。

【動画】ジョニー・デップのインタビューや若かりし頃の貴重(本編)映像

 ザ・ポーグズのフロントマンで、多くのミュージシャンが愛して止まない天才シンガー、シェイン・マガウアンの破天荒すぎる音楽人生を、ジュリアン・テンプル監督とのコラボレーションで映画化。

 ジョニー・デップは、シェインの還暦パーティーでギターを弾いたり、結婚式へお祝いに駆けつけたり、友人として親しくしているが、2人が出会ったのは、今からおよそ30年前。かねてからシェインの作品の大ファンだったというデップは「シェインに初めて会ったのは僕がロンドンにいた時だった。ビリヤード台に座っていたシェインを紹介されたんだ。左手にはボロボロのアコースティックギター。右手にはビールを持ってた。まったくの初対面だった」。

 あいさつをした時のシェインのリアクションを見て、デップは「僕は嫌われたんだと思った。憧れの人に嫌われたとね」と、ファーストコンタクトは最悪だったよう。ところが、「翌日、シェインが会いたいと言っていると電話があった。それで友人になったんだ。彼はこうやって人を試すのさ」と、シェインと友人になったきっかけを明かしている。ジュリアン監督によれば、「アイルランドの偉人と同様、彼なりの流儀がある」ということらしい。

 その後、デップがシェインの楽曲「That Woman’s Got Me Drinking」のミュージックビデオの監督と出演を務めたこともあり、「彼を非常に尊敬していて、彼の輪の中に温かく迎え入れてもらった。その後、長い年月をかけて、私たちは一緒に多くのことを経験してきた。あまりにも多くのことを」と語るほど、シェインと過ごした時間はジョニーにとってかけがえのないものになった。

 この映画では、デップとシェインの若かりし頃の映像も観ることができる。シェインが「君は変わらない。甘ったるい顔をした、お砂糖野郎だ。ハンサムすぎてムカつく」と思わず本音(?)を漏らし、デップが爆笑する場面も。ほかでは見られない2人の素顔も見どころだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ